[fedora 8]fusesmbでマウントしたディレクトリ上にnautilusでディレクトリを作れないってのは嘘。ていうかfusesmb危険 その2

以前ゲストのfedora 8からホストのubuntu 8.04のファイル共有にfusesmbでアクセスしたところ、とても使える状態でなかった。

最近fedora 8とubuntu 8.04のゲストホスト間の接続をブリッジから、NATに変更したところ、回線速度が改善された。

暫くしてNFSにアクセスする必要があったが、なぜかうまくいかなかったので、気分でfusesmbでアクセスしてみた。で弄くっていたら以前の不具合が出ない。

以前の不具合とは一度作成したファイルやフォルダをリネームするとしばらくそのファイルにアクセスできないというもの。一度アンマウントとして再マウントするとか、暫く時間を置くとアクセスできた。

素人目にはファイルやフォルダを作成した情報のリネームした情報がうまく同期されてない印象だった。

様子見〜。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。