fedora 10でxdmcpが使えないのは、性能が出難いからじゃないの?

そのまんま

ネットワーク速度が遅いとすべての動作が緩慢になるから。

fedora 10でxdmcpが殺されたのは、もうXのリモート接続はやめてしまいたいとか無かったことにしたいか、競合からのFUDを恐れてではないかとかじゃないですかね?

ただ、ゲストOSでcompizとかを動作させるとなると、今のところこれくらいしか思いつかないのでサポートして欲しいなと思う。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。