アーカイブ

Archive for 2009年3月

linux版keyholetvのインパクトまたは衝撃

2009年 3月 29日 コメントをどうぞ

keyholetvをlinuxに導入してみました。

いいよこれ〜。ゲストOS上のubuntuでも安定動作している。軽いし。

なんといってもAMラジオ、FMラジオを流しっぱなしにできるのがいいね。

放送局が増えてくれるといいのだが

録音録画ができないので、過渡期のものという印象だけどね

カテゴリー:Uncategorized タグ: ,

[覚書]XFCEで文書テンプレートがデスクトップの右クリックメニューに出現しない[

2009年 3月 29日 コメントをどうぞ

(ubuntu 8.10において確認)XFCEのデスクトップ上で右クリックメニューを出し、ファイルの作成である[Create From Templtes]を辿ったとき、~/Templatesに作ったばかりのテンプレートファイルが一覧に挙がってきません。ログインし直せば反映されます。

なんだろうと思っていましたが、なんのことはないxfdesktopがアホだと

xfdesktop –reload[Enter]

とするとxfdesktopは設定の読み直しをするのですが、どうも[Create From Templates]は漏れているようです。ですので~/Templatesにテンプレートファイルを新たに置いたり、既存のテンプレートファイルの名前を変更したら

xfdesktop –quit && xfdesktop&[Enter]

とでもしましょう。

[問題か?]xfceで文書テンプレートが右クリックメニューに出現しない

2009年 3月 26日 コメントをどうぞ

ubuntu 8.10のXFCE環境にて、

表計算とかテキストとかワードプロセッサ文書とかイメージとか、マウスの右クリックメニューより、まずはファイルを作成しておいてから、その空の文書アイコンを開いて編集ってしませんか?私はこれを多用していています。

でthunarの[移動]->[テンプレート]をクリックすると、どこかフォルダが開かれ、そこにファイルのテンプレートつまり雛形を置くことができます。ここに作成しておけば、[ファイル]-[文書を作成]にそのファイルの名前が登場し、そのファイルを雛形として新しいファイルが作成されるという仕組みです。ま、コピーですが

で問題は、右クリックメニュー。ここにも[Create From Template]というそれらしい機能がある(というかthunarと共通かと思っていた)のですが、テンプレートフォルダにファイルを作成しても、thunarにはファイル名が出現するものの、こちらのCreate From Templateには出現しません。

これは(私にとって重大なので)早急に調査です。

再起動すると流石に反映されるのですが、

killall -USR1 xfce-mcs-manager [Enter]

killall -USR1 xfwm4 [Enter]

では反映されず。なにか根本的に間違っているみたい。

やはりこういう細かいところはいちいちチェックしておく必要がありますね。

[マインドマップ][swing]ゲストOSのubuntu上でfreemindがサクサク動作する。これはvmiの勝利ですよ多分

2009年 3月 25日 コメントをどうぞ

ゲスト上のlinux環境にxdmcp経由というかXのリモートログインして,その上でswingアプリなんてろくに動作しない印象でしたが、驚きました。

ゲストOSのubuntu上でfreemindがサクサク動作する」(コンソールでのログインであって、リモートログインではないけど)

感動しました。linux上でswingがまともに使えるという印象を始めて体験しました。

ゲストOSのwindows上で動作させるのと遜色ありません。

もっともwindowsはvmiなしで、ubuntuはvmiありなんですけどね。

それでもゲストOSとしてのデスクトップLinuxが徐々に使える環境に成長しつつあることが確認できてよかったですよ。Linuxのデスクトップ環境として伸びる可能性があるのは、

  • ゲストOSとして、いざというときに、もう一つ
  • モバイルのような機能限定

くらいですからね。

gnomeがだめだめ過ぎるんですよね〜

[覚書][OpenOffice地雷対策]OpenOffice Calcでセル入力のオートコンプリートを無効にできない対策

2009年 3月 22日 コメントをどうぞ

OpenOffice Calcでセル入力のオートコンプリートを無効にできない

対策は、

  1. [ツール]->[セルの内容]->[オートインプット]のチェックをOFFにする
  2. Calcを再起動

死んでしまえ。

※なおオートインプット無効->有効は即座に機能する

※オートインプットの無効は最近のバージョンでは即座に機能する(Version 3.2.1で確認)

googleがlinux版starofficeも配布してくれればフォント問題が

2009年 3月 22日 コメントをどうぞ

googleがlinux版starofficeもwindows版同様配布してくれれば、アンチエイリアスなしで見れるフォントが使えるようになるよね。それもwindows上と同じ感じの見栄えがさあ。

使用許諾を無視すれば、リコーフォントは容易に利用できるが、それじゃ意味が無い。

ま、合法でもgoogleのおこぼれじゃ同じ事か。

[脱microsoft]もうmicrosoftが新しいUIを作るなんて許されない

2009年 3月 20日 コメントをどうぞ

fluent UIというかribbon見て思うんだけど、もうmicrosoftが新しいUIを提案するなんて行為は悪で許されないと思うんだけどね。UIの後方互換性とかUIの遺産とかを無視できないんですよ。

自分が思うに、新しいUIを提案していくには、Microsoftという会社の看板抱えてはやるのは色々な抵抗が大き過ぎて無理だと思うので、世間にばれないように他の会社を作ったりして、その会社から新しいUIとか提案を発信し、それが普及、浸透したところで吸収とかしちゃってOfficeに入れる・・・とかが自然なんじゃねの?

OSの基本機能もそうだよね。MicrosoftはWindows XPが持つファンクションを社会基盤として煮詰めていくことが仕事であって、新しいことをするのは誰も期待しちゃいないんですよ。

大体Microsoftが得意とする分野とかやりかたは、他社の作る人気のでた機能なりソフトを、その劣機能版というか機能削減版を急造して、世間体とかなしに取り込むという戦略だったじゃない。これしかうまくいかないんだから、それを踏襲しろよ。

あといい加減自分の大きさに気付けよと。恐竜は恐竜らしくってね

カテゴリー:Uncategorized タグ:

[Office 2007被害者の会]mindmanagerはfluent UIなんで避ける

2009年 3月 20日 コメントをどうぞ

わけあってマインドマップを使うのがベストかなということで、ネットでの評判がいいのかなと感じられるMindmanagerを試用してみた。

インストールしてから気付いた。これ[Fluent UI]。

・・・ウンコなユーザーインタフェースと評判のアレか!!想定外!!死角からの攻撃!!

別にマイナーなソフトだから、これに限定するならクソUIになれてもいいかなと思いもしたが、

・・・画面上のウィジット(ボタンとかツールバー)とかが、フォーカス先によって自動で表示されたり、非表示になったりするというのは、なぜかやたら不快になる。状態がころころ遷移するUIというのは仕事柄かやたら気が滅入ったり、何故か怒りがこみ上げてくる※1

・・・でもこれは以前のUIも同じじゃないか?自分はよく使うメニューを優先的に表示するといった機能が大っ嫌いでできるだけ表示し、検索機能を充実させろという古い気質

・・・fluent UIは表示範囲がアイコンが大きめなのに引きずられ、もっとも重要な編集領域を圧迫しているのでやたら癇に障る。

・・・UIの表示にCPUリソースを使うことに強い抵抗がある。GPU使うならいいんだけど。これは仮想PC上での作業を常としていることの弊害だな。

・・・なんか息苦しさを感じて、mindmanagerをシャットダウン。なんか気分が悪くなってきた。アンインストール。そしてfreemind始動(w

※1 状態が多いってことはテストが大変だということだし、故に品質を確保しにくくなるし、製造が難しくなるし、ある状態を作り出すのが面倒になるし・・・という気にさせられ、操作を教えるのが面倒だし・・・操作を指示したりするもの面倒だし・・・ともうなんか

[脱gnome]相変わらずXFCE使ってますよ。

2009年 3月 18日 コメントをどうぞ

XFCEに心はほぼ完全にマイグレーションしました。

ゲストOSのubuntu 8.10でXFCE稼働中です。

多くを期待しないという心がけでかなり使えます。

compizとかどうでもいくなっている自分がコワイ

カテゴリー:Uncategorized タグ: ,

Cherryとfedoraとubuntuと

2009年 3月 18日 コメントをどうぞ

Cherry keyboardのチェリー社に、スイッチの品質について問い合わせをしているのだが、返答がこない。

来ることを祈っているのだが、来ないとなると想像しているより大したことのない会社なのかもしれん。

fedora 10が実機上のubuntu 8.10を上書きしてしまったので、結局ホストOSはfedora 10になってしまった。

fedora上でvmwareを動かすのは、あまりいくないのだが。

しかし、ゲストOSとしてのubuntuはよい。まず重要なXがおかしな設定になってしまって手を出すのが億劫になるという事態になり得ない。ネットワーク設定はじゃじゃうまなnetwork managerがキモいが、我慢の一手で。

カテゴリー:Uncategorized タグ: , ,