ホーム > Uncategorized > 仮想PC parallelsをfedora 10に導入しようとして挫折。そしてvmware vCenter Converter Standaloneへ

仮想PC parallelsをfedora 10に導入しようとして挫折。そしてvmware vCenter Converter Standaloneへ

仮想PC parallelsをfedora 10に導入しようとして挫折しました。

いやまさか稼働環境のホスト側OSがfedora 8で止まっていてfedora 9以降が対象外とは。ちなみにゲストもそう(これは問題ではない)。fedora 10をセットアップを開始してエラーになってから気付いた。トーシロ?。

parallelsって勢いあったのに、もう凋落なのか。49ドルって攻めの価格がよかったのに。vmware fusionが安く購入できるのはparallelsのおかげも多分ある。vmware workstationはその3,4倍の値段(クーポン使え50%)

parallelsで作ったアホみたいにでかいCentOS環境(200G超え)のサルベージのために導入を考えたのですが、あっさり頓挫。

そこでparallelsの環境をコンバートすべく始めて真剣にvmware vCenter Converterを導入することに。あー遠いな

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。