ホーム > Uncategorized > 工作員の香り

工作員の香り

某製品がチャタリングを高確率で発生するというのは、恐らく製造元も販売元も分かって販売していると考えられる。

なんといっても私は同製品を8本も購入して、ランダムに選んで開封した3本中2本が故障したのだから、確信している。

これはもう同社が保証期間内であれば快く修理すれば良いというレベルではない。

それで、製品の不良率の多さをどうやって隠蔽しているのだろうか?

2chなどの書き込みを見ると、チャタが発生した使用者に対する批判は次のようなものだ

  • チャタが発生した使用者の部屋は汚すぎる
  • チャタが発生した使用者の使い方はなっていない
  • チャタが発生した使用者は分かっていて購入したのだから自業自得
  • このようなニッチな製品を購入したのは少数派だから、泣き寝入りしろ
  • メカニカルはチャタリングするのが当たり前だ
  • こまめに掃除しなければチャタ位発生して当たり前
  • さっさと保証期間のうちに直してもらえ

といったものだ。

なんか非正規雇用の解雇者への批判みたいな内容が面白い。本来このようなニッチな製品を購入しているからには、同じ境遇が故の助け合いみたいなものがありそうだが、そういったものがないところが非常に興味深い。なんというか売る側の言い訳みたいに見えなくもないだろうか?

なにやら匂ってこないか?

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。