[覚書]open-vmを導入するとNICがブート時に上がってこないので、サーバには不向き

ubuntu 8.10ですが、各種サーバプログラムの導入が激しく楽なので、仮想PCとしての鯖として重宝しているのですが、難点と対策を

  1. 問題:open-vmを導入してしまうと、ブート時にNICが上がってこない。対策:open-vmをやめる
  2. 問題:IPアドレスの静的指定がうまくない。対策:NetworkManagerを起動しないようにする。sysv-rc-confなどのツールで。NetworkManager自体を削除してしまうのがいいかなと思ったが、システムのアップデート(といういかapt-get upgrade)したら、NetworkManagerが復活して作業中断、原因究明に時間をかなりとられかなり嫌な気分にさせられたので、削除はお勧めしません

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。