[覚書]XDMCP経由などでリモートでログインしたとき、何かの拍子にXが固まる・・・の対処[gnome]

XDMCP経由で他のLinux環境を使っているとき、思ってもいない拍子にXが停止していることを何度か経験した。

このとき他のPCからログインするなどして、scim関連のプログラム(ただしログインユーザーのアカウントで)をkillしたところ、Xが再生した。

scim関連がXをgrabしていたんだろうか?

尚この現象は、コンソール上で起きたところを見たことはない

コメントを投稿

Required fields are marked *
*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。