ホーム > Uncategorized > [覚書]pulseaudioのサーバ機能?でXDMCP環境がでら使える。default.pa記述

[覚書]pulseaudioのサーバ機能?でXDMCP環境がでら使える。default.pa記述

世界、ヤッパリ貴方は凄かったorz

pulseaudioって標準でサーバ機能があって、リモートからの接続ができるんだね。XDMCP経由でubuntuを使っていて、その音声をどうするかでnetwork audio system導入とか考えていたのだけど、全然そんなことしなくてほぼ標準の機能の設定だけでいけたよ。

すごいね。LTSPがあるくらいだから、当然の帰結だけどさ。

ただ自分の現状では、Xが起動した上でpulseaudioを作動させ、かつその画面が表示されているときだけサーバとして受付てくれるんため、二つ以上Xを起動していてそのなかの一つのpulseaudioがサーバでは他のXからでは音声出力ができない。Xのあるなしに関係なくpulseaudioを作動させればいけるのかな。デーモンモードとかで

default.paで許可アドレスを範囲指定

load-module module-native-protocol-tcp auth-ip-acl=127.0.0.1;192.168.0.0/16

default.paでクッキー持ってるかで許可

load-module module-native-protocol-tcp auth-cookie

default.paで認証なしに

load-module module-native-protocol-tcp auth-anonymous=1

また/etc/hosts.allowなどにも当然依存するので注意

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。