firefox(linux)に回帰。google chrome 6 betaのURL表示からスキーム部が消えて不便過ぎる等。

linuxのデスクトップ仮想環境を一時あきらめ、実機を直に使っているので、Chromeの有り難味がだんだん薄れている今日この頃。

あれだけ喜んで使っていたGoogle Chromeなんだが、最近firefoxに回帰中

それは単にfirefoxでユーザー数が多いのと、firebugのようなツールが使えるってのが理由。できることならIEをつかいたいくらいなので、選ばれたfirefoxは喜べることは何一つないが、ここにきてGoogle Chrome(Linux版)のやばいところが気になり出した。

  • firefoxのスクラップブックアドオンに相当する拡張がない。
  • ローカルなRSSリーダー拡張がない。

という不満は許すとして

  • URL表示からスキーム(http://とかhttps://)が消えて、使い辛い。ふざけるな(Version 6)
  • flash動画がうまく再生できない場合が多過ぎる。

という不満は許せるものではないなあ。動画再生のところは明らかにバグだろ。

追伸
スキームで省略されるのはhttp://で、https://は消えない

One Comment

  1. よし
    Posted 2010年 9月 11日 at 12:24 pm | Permalink

    IEやファイアーフォックスでは動画再生は問題ないですが
    Google Chromeで自分のとこの YouTube動画が再生できないのは
    馬鹿げていますね。
    「JavaScript がオフになっているか、古いバージョンの Adobe Flash Player を使用しています。最新の Flash Player を入手してください。」Google Chrome6(最新版)を使っているのにこんなおかしな表示が出ます。


コメントを投稿

Required fields are marked *
*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。