ホーム > Uncategorized > [覚書]suした先のユーザーでXのアプリが動かない時の対策

[覚書]suした先のユーザーでXのアプリが動かない時の対策

せっかくLinuxでデスクトップを使っているのに他のユーザーに”su”したら(大抵はroot)、Xのアプリが動かないっていうのはかなり怖い。ていうか焦るだろう。いろいろと計画が狂いそうだからな。世間にいるSEはその多くが無能だけど、彼らが客先でこれに遭遇したらなら今日は持ち帰りなんてことになって客先と会社の両方に損害を与えそうだ。まあいいけど

どーもはっきりしないけど、disallowTCP辺りが邪魔をしてるのかな(調査中)

んで対策

  • suxを使う(インストールだ面倒だ。客先じゃこっそりやるか)
  • sshを使う(ダサ

DISPLAY環境変数とかいろいろと適当すぎるので、この件はもうちっとしっかりやっとく

広告
カテゴリー:Uncategorized タグ:
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。