ホーム > Uncategorized > [覚書][激遅対策]KVM。ubuntu10.10のvirt-managerのデフォルト設定じゃHDD遅過ぎの役立たずに。virt-managerってKVMを殺したいのか&対策

[覚書][激遅対策]KVM。ubuntu10.10のvirt-managerのデフォルト設定じゃHDD遅過ぎの役立たずに。virt-managerってKVMを殺したいのか&対策

前日、(ubuntu10.10の)virt-managerを使ってKVM上にWindows Vistaをインストールした所、たったそれだけで3〜4時間かかるし、起動したらHDDアクセスが止まらないと大変お粗末な結果を得た。

こりゃもうVMware様に頼るしかないと急遽ゲット&インストールしてVista挑戦。やはりWindows Vistaだって小一時間で十分インストールできる。これは相当おかしなことがKVMに起きている。以前のKVMはこんなんじゃなかった。

気を取り直して、KVMでIDEでなくvirtioなDiskにしてインストール。さっぱり良くならない。

rawフォーマットにして領域もきっちり確保した(アロケート済み)上でインストール。さっぱり良くならない。

仕方ないので、(virsh使って)HDDをrawフォーマット+アロケート済み+キャッシュWriteBackにしてみるとようやく小一時間程度でWindows Vistaのインストールが完了するようになった。起動後のHDDアクセスしっぱなしもなくなった。そしてとても静かになった。

分かったこと

  • 忘れるな。virsh[Enter]connect[Enter]edit 仮想PCの名前[Enter]
  • virt-manager(0.8.4)のGUI上ではまともな仮想環境は作れない。(virt-managerはspiceの件でもちぐはぐな事をやってる。KVMの仮想環境で(強制以外の)シャットダウンボタンはいつになったら使えるようになるのか等。要らない子だ。代替品を探すべきだ)
  • 取り敢えずKVMは素で使うかvirsh経由で使うべきで、virt-managerは極力さけるべき
  • 性能がでない設定をデフォにしているのは何かありそう。KVMでは安心できない。
  • pythonで作られてるお手軽GUIソフトの品質は低い。想像する以上に。(やっぱGNOMEとかGTKが絡むだめなのか)。
  • fedora 14に入れたvirt-manager(0.8.6)ならHDDのキャッシュを設定できる。あーでもRHEL6はダメダメっぽい話。実際どうよ?

こんな調子なのにRedHatが利益をあげるって実感わかないな〜まじで

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。