[覚書]fedora 14のftpサーバに接続したら「500 OOPS」で泣くの巻&対策

vsftpdとかproftpdとか導入したが、ftpでホームにアクセスできねえ。こんな感じ

FTP 500 OOPS: cannot change directory:/home/nantoka

もしやと静かにgetsebool | grep ftp

SELINUX。やっぱりアンタか。ここで静かに泣きます

はい対策

sudo setsebool -P ftp_home_dir on

SELINUXなんて面倒なものと逃げいたが、我が国の先達の安易な想定外の軽さを思えばもはや無視できなくなってきた。

ただなー。癖を掴まないとSELINUXの問題なのか違うのかわからない。相変わらず。

今回だってvsftpdとproftpdのマニュアルみてもしかして思いついたわけだし

コメントを投稿

Required fields are marked *
*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。