[ダメダメ]fedora 15 liveCDを試す。リージョン&言語設定を開いたらフリーズ。gnome3ってやっぱりアレ。

gnome 3を試すにはfedora 15ってことで初めて真剣にliveCDというのを使ってみた→その結果惨敗。

知識としてgnome 3を日本語で使ってみて安定してるかどうが知りたくて、起動して真っ先にsystem settings?からregion & languageへ進んだのだが、ここでregion & languageがフリーズ。gnome 2でもお得意の応答待ち確認ダイアログがでてしまったのだ。以上をもって評価終了。こりゃもう使える使えない以前の問題ですな。

結局予想通りの出来。GNOME3はスルーで正解。Linux mintで嵐が去るのを待つが無難。

GNOME 3。来年お互い生きていたら会いましょう

ついでにいうとこのgnome 3、Macみたいな雰囲気に反吐がでます。身の丈にあった外見にしてほしいですね。まともに動くものを作ってから外見を気にしろと。いつまで実験場でいるつもりなのかな。Centos 6の無責任ぶりに似ている。核を拡散してる日本人の自分が言える立場ではないけどねー

あとCD焼くのに使った労力を返して欲しい。さすがにこの出来は酷すぎる。

1件のコメント

  1. kuni
    投稿日時: 2011年 11月 6日 12:09 am | パーマリンク | 返信

    日本語環境になったよ?
    VMplayer on WIndows7 Ultimate
    だけど

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。