ホーム > Uncategorized > [覚書]LVMは無用。fedoraってLVMがデフォだけど邪魔すぎる。

[覚書]LVMは無用。fedoraってLVMがデフォだけど邪魔すぎる。

fedoraなんかにはLVMは不要。特に日本ジンには不要。LVMが要るような状況は想定外。そんな劣悪な環境は起こりえないんである。

ずさんな運用しまくっている個人利用者が突然HDD容量が不足している事に気づき途方にくれているところに「こんな事もあろうかと」と颯爽と対応できる某博士なんてそうそう居ない。

十年近く前確かにHDD容量が不足し、かつ早急にHDD容量を稼ぐ必要があり、どきどきしながらLVMで容量を拡張したことがあったが、こんなの練習もなしにやることじゃない。ファイルが消えてしまうのだから。大体手引書にはバックアップを取れと書いてあるし。そんなことができる時間や金銭があるなら突発的にLVMで拡張なんてしないんだよ。気持ちはわかるけど。

というわけでLVMがウザイ。つーか障壁になっている。何がといえばfedoraで作ったパーティションに他のLinuxディストリからアクセスするときに必ずLVMを考慮する必要がある。

パーティションをバックアップする時はさらに面倒だ。

つまりHDDが大容量時代の昨今個人利用でLVMは無用。カスタムパーティションでLVMを外そう。

広告
カテゴリー:Uncategorized タグ: , ,
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。