ホーム > Uncategorized > [Linuxクライアントでベストなファイル共有]なんかいろいろと終わってる

[Linuxクライアントでベストなファイル共有]なんかいろいろと終わってる

samba使い勝手悪すぎ。sambaでファイルサーバを個人で立てている人ってごく僅かなんだろうなと思う今日このごろ。なんでsambaってあんなに不思議くんなのか。イエローキャブ仕様なら楽チンだけど。すぐ病気に感染しそうだしなあ

それはさておきLinuxデスクトップでファイルサーバにアクセスですが

gvfsでsambaやsshを参照するのは

  1. 接続するためのGUIクライアントの使い勝手悪すぎ
  2. GNOME製なだけに将来も安定して使えるか微妙すぎる
  3. GNOME環境じゃないと使えない。
と利点ゼロ

sshfsでリモートを参照といえば

  1. sshfsをそのまま使うと、サスペンドとかの電源管理が機能しなくなる。
  2. 対策として自動的に切断してくれる仕組みを用意する必要が。自分で作るしかない
  3. 上記の代わりにautofsを使うってのがあるけど、なんか不安定だし遅い。パスワードログインが使えないから手軽でもなく利点なし
となんとかぎりぎり使える
nfsは論外として評価せず。UIDとGIDの一致が必要なんてねえ
クライアント環境としてのLinuxデスクトップに限界を感じ始めつつあります。いよいよWindows 7導入かも。フォントが無意味にでかいのが嫌いなんだよなあ
広告
カテゴリー:Uncategorized タグ: , ,
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。