ホーム > Uncategorized > [覚書][Xfce 4.4][fedora 14]Alt+F2や「プログラムの実行」であるxfrun4で起動した端末エミュレータ等のプログラムに重要なPATHといった環境変数が設定されていない。要注意&対策

[覚書][Xfce 4.4][fedora 14]Alt+F2や「プログラムの実行」であるxfrun4で起動した端末エミュレータ等のプログラムに重要なPATHといった環境変数が設定されていない。要注意&対策

おかしいなーと思っていた。XFCEを使っていると設定しておいたパスに配置したプログラムがcommand not foundとなって実行できない(PATHは~/.bash_profileに設定)んである。

echo $PATHで確認してみればパス設定がさっぱりされてない。GNOME環境と同じつもりでALT+F2でプログラムを実行する(xfrun4)とこうなるようだ。

なんですぐに気付かなかったといえば、スタートメニュー?にあるリンクやexo-open で実行しているとPATHが設定されているんである。

不思議な仕様〜。意外な地雷。fedora 14で確認。

似たような話→xfrun4 (“Run application” dialog) does not use PATH to run application

んで対策〜

  1. バックグラウンド(デーモン)で動いているxfrun4がいるのでこれをKILLする。例 killall xfrun4
  2. パスが正しく設定されている端末エミュレータ(XfceのTerminalとかgnome-terminalとか)を準備する
  3. その端末エミュレータからxfrun4を再起動する。この時必ずDAEMONオプションを付きで。xfrun4 –daemon

または下記のシェルスクリプトを作成し、xfceの自動開始アプリケーションに設定しておけばたぶんうまくいくでしょ。

killall -9 xfrun4
xfrun4 --daemon

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。