内蔵SATAを外付で苦悩。でもeSATAp(power eSATA?)って売る気あるのか?

eSATAはマイノリティだ。ゆえに積極的に選択する理由はない。

しかしSATAと親和性が高いのはとてもよい。安心できる。SATA<->eSATAケーブルなんてあるし。

しかしeSATAは電源供給を別に用意する必要がある。

そこでeSATApは電源供給が可能だ。これは便利だ。アホくさいクレードルと比較してこれとかかもう狂喜するほどに質実剛健だ。

しかしeSATApはeSATAp専用のインタフェースカードがいるようだ。SATA<->eSATApケーブルが存在しない。

また、過去にうっかり素のeSATA インタフェースカードを買ってしまっていたら、eSATApにしたくなったら買い換えるしかない。つーか捨てるしかない。

結論。eSATApは待ち。相当敷居高し。内蔵SATAコネクタとの接続や、既存のeSATAカードの救済手段が出てこなければ間違いなく終了するだろう。USB 3.0でいいじゃないか

ちなみに現状でもeSATAp <-> eSATA + USBなんてケーブルがあるが、ちょっと違う。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。