ホーム > Uncategorized > [覚書]有耶無耶禁止。vimのfileencoding, fileencodings, encoding変数の違い

[覚書]有耶無耶禁止。vimのfileencoding, fileencodings, encoding変数の違い

vimの文字化けに泣くのは文字コードを有耶無耶のまま使っているから

encoding(enc)

  • 内部処理用の文字コード(utf-8とか)
  • 端末が使う文字コードと異なると文字化けを発動する

fileencoding(fenc)

  • 開いたファイルがマルチバイト文字だったときの(ファイルの)文字コード(新規作成?ファイルを開いてない?自分で考えて)。ex utf-8 cp932 euc-jp sjis
  • ファイルの文字コードと一致しないと文字化けを発動する

fileencodings(fencs)

  • 使用するファイルの文字コードを列挙しておく。ファイルオープンの際には列挙の先頭から使えると認識した文字コードで開く。 ex ucs-bom,utf-8,latin1
  • 適切な文字コードを羅列しておかないと、文字化けを引き起こす

termencoding

  • UnderConstruction(まだ読んでないの)

しかしvi人気、力強いな

広告
カテゴリー:Uncategorized タグ: , , ,
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。