アーカイブ

Archive for 2012年1月

[覚書]libreoffice calcのデフォルトフォント設定をさっくり変える。テンプレートなんか作らずにやる[傾向と対策]

2012年 1月 22日 コメントをどうぞ

libreofficeのcalcのデフォルトフォントがうざいうさ過ぎる。システムフォント設定を流用してくれればいいものを「なんとかsans」ってもう、仕事が進まねーだろ!!

ところがcalcにはデフォルトのフォント設定ってないんだよね。writerの方にはあるのにさ。アホだわ〜

そんな不満なあなたにこれ!

  1. メニューより[書式]-[スタイルと書式設定]するとスタイルの書式設定ダイアログが現れる。一覧に[標準]があるのでこの[一覧]を選択し編集。
  2. ちなみにこの編集だけど、[一覧]を選択した状態で右クリックと、とても嫌らしいので注意
  3. 開いた先のセルスタイルダイアログのフォント設定で、好みのフォントにすればよろし

ダンジョンの入り口

でました秘密wのスタイル

右クリックメニューで変更を表示。ダブルクリックでも出ないクソ仕様

お宝デフォルトフォント設定。例は「なんとかsans」を「TakaoPなんとか」に変更済み。

ちなみに巷の話だと、好みのフォントを設定したテンプレートを作って、それをデフォルトのテンプレートにして。おいおいデフォルトフォント変えるためにテンプレート覚えるかよ? Excelでテンプレート使っているのんけ(wがどんだけいるのか小一時間問い詰めたいぜ。

いやテンプレートの仕組み自体は簡単なんだ。ところがLibreOfficeは設定関連のダイアログが入り組んでいて、ちょっとしたダンジョンを探検するハメになる。いやはや、なんのためのITなのかね?

以下で確認
LibreOffice 3.4.4
OOO340m1 (Build:402)

広告

[覚書]linux mintでqtアプリをつかったらGTKテーマが設定されてなくてしょぼい。。。の対策

2012年 1月 14日 コメントをどうぞ

sudo apt-get -y install qt4-qtconfig[Enter] 続きを読む…

[覚書]Linux mint 64bit環境で32bitのバイナリを動かすia32-libs。debianさまさま

2012年 1月 9日 コメントをどうぞ

Linux mintは64bitでインストールした。
しかし32bitバイナリを実行できないと相当片手落ちになる。

そんなときにはこれ!

apt-get -y install ia32-libs

ちなみにia32-libsがどういうものかといえば、こちらによると

本パッケージは ia32/i386 アーキテクチャ用のランタイムライブラリを含んでいます。64 ビットカーネルが稼働している amd64 または ia64 の Debian システム上で利用できるようにカスタマイズされています。

カテゴリー:Uncategorized タグ: , , ,

[覚書]apache+public_html+php+CodeIgniter

2012年 1月 3日 コメントをどうぞ

ホームディレクトリ下のpublic_htmlを有効
ソース
http://httpd.apache.org/docs/2.0/howto/public_html.html

apacheの設定ファイルのヴァリデーションチェック

ソース
http://httpd.apache.org/docs/2.0/programs/apachectl.html
のconfigtestを参照

カテゴリー:Uncategorized タグ: , , ,

[覚書]fedora 16でcodeigniterをインストールしたら「Permission denied in Unknown on line 0 」。色々やっても解決しない場合の対策

2012年 1月 2日 コメントをどうぞ

やあ (´・ω・`)
ようこそ、バーボンハウスへ。

このテキーラはサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。

うん、「SELinux」なんだ。済まない。
仏の顔もって言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。

でも、このキーワードを見たとき、君は、きっと言葉では言い表せない

vi /etc/sysconfig/selinux 」みたいなものを感じてくれたと思う。

殺伐とした世の中で、そういう気持ちを忘れないで欲しい
そう思って、このキーワードを作ったんだ。

じゃあ、注文を聞こうか。