ホーム > Uncategorized > [覚書]液晶モニタで気分が悪くなる時の対策。輝度を最大にせよ

[覚書]液晶モニタで気分が悪くなる時の対策。輝度を最大にせよ

巷に売っている安価な液晶モニタとテレビは、パネルの殆どが白色LED

この白色LEDパネル、光量の調節を細かく点滅することで行ってる。

この点滅が長残光なら良い、だが残像の悪化を恐れて短残光と。

短残光なので実はモニタは点いたり消えたりをしているってわけ

この点いたり消えたりだが、軽く眺めている分には何も感じない。ところが、文書やウェブなどをわりと真剣に読み始めると途端に気持ち悪くなりにけり

意識では感じられなくても、目も脳も点滅に反応しているってことだね。

対策としてはバックライトの点滅を止めるしかない。簡単に対処できる。バックライトを最大輝度にするば良い。さっきの気持ち悪さが途端になくなると思う。

だがしかし、輝度最大では眩しすぎて使用に耐えないであろう。よってフィルタ等が必要になる。等としているのは量販店などで買える安いPET板等で代用できるから(透過率を考えて)。画像を扱う仕事でもない大多数なら十分。ただし光沢になってしまうから、ノングレアにするにはさらに工夫がいる。

輝度最大だから、バックライトの寿命..短くなるだろうね。

この欠点、定期的に買い替えさせたいメーカーにとっては好都合だなあ。白色LEDとエコ、詐欺極まりない。輝度最大でも消費電力の優劣は以前のバックライトである冷陰極管に勝るけど

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。