ホーム > Uncategorized > [覚書]パッケージの追加インストールなしにubuntu系の仮想コンソールをautologin化。

[覚書]パッケージの追加インストールなしにubuntu系の仮想コンソールをautologin化。

ぶっちゃけLinuxサーバの管理で面倒なのはパスワード管理。正直言って忘れてしまいたい。そんな中仮想コンソールtty1をオートログインにしとくのは割と常套手段。

つか前回はmingettyを標準gettyの代わりに入れていたけど、勉強不足というかバカでしたoru

対策

/etc/init/tty1.confを書き換え(rootでログイン例)


# tty1 - getty
#
# This service maintains a getty on tty1 from the point the system is
# started until it is shut down again.

start on stopped rc RUNLEVEL=[2345] and (
not-container or
container CONTAINER=lxc or
container CONTAINER=lxc-libvirt)

stop on runlevel [!2345]

respawn
#exec /sbin/getty -8 38400 tty1
exec /bin/login -f root < /dev/tty1 > /dev/tty1 2>&1

※exec /bin/loginの行が追加。その上がコメントアウトした行。&などコピペ注意

設定反映

さあコマンドを叩こう

# sudo initctl stop tty1
# sudo initctl start tty1

※initctrl stop & start の代わりにrestart? 信用してないから自分は使わない。

参考
http://svend.ciffer.net/blog/entry/Autologin_on_serial_consoles/

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。