ホーム > Uncategorized > [覚書]LEDバックライトで顕著な液晶モニターのチラツキ対策。新製品への買い換えを全力で回避[傾向と対策]

[覚書]LEDバックライトで顕著な液晶モニターのチラツキ対策。新製品への買い換えを全力で回避[傾向と対策]

チラツキの原因は液晶バックライトの調光装置にあり。光の加減を点滅でやるもんだから 使わされる側はたまったものではない。 職場で安物を使わされている職員の方々ご苦労さまです。

で対策は

  1. 輝度を最大にする。(ちらつきが感じられないまででも多分可)
  2. このままでは明るくて眩しいので、半透明の黒色アクリル板などで光の加減を調整。 アクリル板は2000円以下。市販の(高価な)フィルターだと眩しさが取れない。

たった2000円で目からくる疲労におさらばできます。支給品なら製品の寿命なんできにしなくていいから輝度最大でどんどんどうぞ。

どこかの役所でDELLの20インチモニタを見たんだが、ごっついフィルターはついているわ、解像度はせっかくの1600×1200を1280×1024にするっていう最悪なアンマッチ(1024×768あたりは綺麗に映るんだけど)で「勿体ねぇー」と疑問に思っていたが、疑問は氷解した。そうこいつは有名目潰しパネル+フリッカーばりばりの韓国パネル。勿体無いと思っていた自分が浅はかでした。やはり仕事で使ってる人の経験は本物。

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。