ホーム > Uncategorized > [似非なんとか]誰がオープンソースソフトウェアを酷いものにしてしまうのか?君です。

[似非なんとか]誰がオープンソースソフトウェアを酷いものにしてしまうのか?君です。

iBus 1.5がクソすぎる」という記事がございました。
誰がオープンソースソフトウェアを酷いものにしてしまうのか」という記事がございました。

で私が「誰がオープンソースソフトウェアを酷いものにしてしまうのか」に思うのは

  • 「誰がオープンソースソフトウェアを酷いものにしてしまうのか」のような妙な正義を振りかざした人々の発言が、プログラムに不満を持っているユーザを萎縮させ不満を口にすることを留まらせ、結果そのプロジェクトに有益な情報が伝わる機会を奪う可能性があります。
  • これはまた、これから使おうとしている新しいユーザに対する情報源も潰しているわけです。プロジェクトにとっても宜しくない可能性があります。プロジェクトから自浄作用を奪っています。
  • ユーザが使い、好きな時と場所で、思うがまま勝手な感想を述べます。良いなら良い、悪いなら悪いと。これは当たり前の行為です。オープンソースのプロジェクトだから特別ということはありません。文句を言いたければメーリングリストなりで言えばよい?ユーザがみな暇を持て余しているわけではありません。
  • 文句があればプロジェクトのメンバーに(メーリングリストなどを通じて)直接伝えるべきという主張ですが、全てのプロジェクトがユーザに対してオープンだったり、フレンドリーだったりすると仮定していませんか?
  • プロジェクト側のメンバーもまたネットなりにつながっていて情報収集が可能であるこということを忘れていないでしょうか?個人ブログのレビュー(及びその閲覧数)は貴重な情報源です。
  • 「オープンソースのプロジェクト」=「有難い」「崇高な」であり、文句をいうののは畏れ多いというというありがちな「乞食」さんらしい物の見方だなと思いました。自分でプロジェクトを立ち上げるなどして経験を積んでみて欲しいものです。

それから、私が「iBus 1.5がクソすぎる」に思うのは、

  • iBusはクソだと思います。1.5で決定的になりました。
  • キーボードレイアウトとIMEを一緒くたは、Windowsでも行われていますね。そういうことですね。ホント迷惑この上ない。

Windows 8、リボンUI,、Unity, GNOME3、どれもこれもタブレットUIを想定したなどといっていますが、コンシューマ市場を狙ったコンシューマ向けUIであり、ビジネスユーザ、プログラマ、クリエイターにとっては生産性を下げるだけの障害物でしかありません。

そういった生産性を下げようとする試みに対し、各人奮起して生産性の維持と向上に努めましょう。

マイクロソフトの業界停滞能力はやっぱヤバイです。今のOffice製品やWindowsは黒歴史DOSの再来では?リボンUI。。流線形蒸気機関車の暗黒面に近いものを感じるのは私だけでしょうか。

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。