ホーム > Uncategorized > [覚書]/etc/resolv.confのnameserver 127.0.1.1って何?うざいんですけど。やっぱり犯人はNetworkManagerと

[覚書]/etc/resolv.confのnameserver 127.0.1.1って何?うざいんですけど。やっぱり犯人はNetworkManagerと

/etc/resolve.confのnamserserver 127.0.1.1ってうざいよねー

ていうか、車輪の再発明ってやつを繰り返しているGNOMEやUbuntuだとシステム設定関連がどんどん弄られてしまっていて本当にうざいよね。

ネットワーク関連の設定について大混乱を引き起こしたGNOMEのNetworkMangerは今でも本当にどっか行って欲しい。

で、resolv.confのnameserver 127.0.1.1。

これってあれだよね?dnsmasq

dnsmasqはあった方がまあいいんだけど、ネットワークの調査とかで簡素な設定にしておきたいときには、まあ不要。ていうか邪魔。/etc/resolv.confにDHCPが送ってくるDNSの設定が見えないの気持ち悪い。

ところがこのnamserver 127.0.1.1が消せない。

でまあ原因はresolvconf(resolv.confではない)とNetworkManagerなんだ。

対策

  1. /etc/NetworkManager/NetworkManager.confをエディタで開く
  2. [main]というセクションの下にあるdns=dnsmasqというのがあるので、これを#でコメントアウト
  3. /etc/init.d/network-manger stop
  4. /etc/init.d/network-manger start(restartは信用してない派)
広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。