[覚書]libreofficeのツールバーアイコンがデカい(大きい)からウザいしカッコ悪いの対策

正直libreofficeを真剣に使っているニッポン人なんてそうはいないと思うのでメモ。

唐突ですが、libreoffice系の表計算アプリCalcを、小生がいまいち真剣に使わない理由ベスト3を挙げるっす。

  1. (linux環境上で)我慢できるがやはり遅い
  2. ショートカットキーがExcelと違うのでワークシート上を思うがまま自由に移動できない。
  3. デフォルト設定のままだと、見栄えが酷すぎて残念な気持ちになってくる。

今回はこの中の「デフォルト設定のままだと、見栄えが酷すぎて〜」に属する対策

Linuxディストリを新調したりして、初めてlibreofficeとかを起動したときにガッカリするのが、ツールバーのアイコンのデカさ、及びウィジットに間隔(スペース)がありすぎること、それに伴う見栄えの間抜けさである。

アイコンがデカイだけならまだ我慢できるのだが、無意味な間隔で5ドット以上も消費されるとさすがに切れたくなる。「俺様の貴重な縦方向ドットを消費すんなバカたれが!!!!」である。

Windows版だとこういうアイコンや間隔入れすぎによる見栄えの悪さはなかった。悪意感じるわ〜。

対策

  1. メニュー上より[ツール]→[オプション]を選択し、オプションダイアログを開く
  2. ツリー表示より[LibreOffice]..[表示]を選択し、ユーザーインタフェース設定を表示
  3. アイコンのサイズと形状を[標準]→[小]に変更

これで無意味な間隔が激減する。精神衛生上とても良い。画面の見栄えも締まる(まあこのへんは人の好みによる)

同じ傾向が、Linux版Eclipseにもある。こちらはテーマをクラシックにすることで症状を軽減できるが、よりしっかりやるにはeclipse専用のgtk.rcを作成するのが近道らしい。またGTKかよ。うんざり

コメントを投稿

Required fields are marked *
*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。