ホーム > Uncategorized > [覚書]Windows Deployment Toolkit 2012のDeploymentWorkbenchがhangするので、IE11をアンインストールしてIE10にして回避。IE8までダウンすれば表示も回復。バカ

[覚書]Windows Deployment Toolkit 2012のDeploymentWorkbenchがhangするので、IE11をアンインストールしてIE10にして回避。IE8までダウンすれば表示も回復。バカ

もはやロートル&害悪でしかないVista以降のWindows であるが、ソフトの配布配信については改善された印象があった。

Windows Deployment Toolkitという。

しかし、やはりここでもダメだった。

自分の場合、IE 11が入っているとコイツのワークベンチという中核アプリがハング

IE10に落としても、Workbenchに表示されるべき文書が表示されない。(他の不具合は不明)

もう呆れて返す言葉がない。(もしかしてsystem requirementにIE8があったのか?)

対策というかIE11を外す手順(例)IE10も同様

  1. [コントロールパネル]->[プログラムのアンインストール]->[インストールされた更新プログラムを表示]
  2. これで表示される不快で危険なUIを備えた一覧から、Internet Explorer 11関連を探す。(名前。。クソすぎて調べる気にならない..ハードコピーとっとけばよかった?)
  3. 右クリックからアンインストールを選択
  4. 再起動をする。

Windowsって本当にだめだろ。UIの基本すら維持できてねーじゃねーか。そうだ「インストールされた更新プログラムを表示」の一覧のことだ。選んでもいないプログラムをアンインストールできてしまう。マウスで対象をクリックしている最中も表示がどんどん変わってしまって意図しない対象を選択できてしまうからだ。大馬鹿だろ?

私がどっかの大統領でなく、この一覧に核ミサイル発射ボタンがなかったことはラッキーだといえよう。

つーか、株とかの売買プログラムでこれやったら、開発者は殺されても文句がいえない。企業だったら火を付けられることであろう。

なんていうか、自動販売機でしるこ汁のボタンを押した途端にボタンの表示がキムチ汁に変わって、キムチ汁を買わされるという感じである。

システムのメンテナンスという大事な箇所でこんな恐ろしいUIを実装するマイクロソフトは本当に終わっている。基本を蔑ろにするとか、基本を理解していないとか、まるでKoreanを見ているかの錯覚を覚えるね。もしかしてやはり。

ブッシュJrを投票させる投票受付プログラムのことを思い出してしまった。

ああ、マイクロソフトもKoreanと同じでパクリでのし上がった企業だったな。なるほど

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。