ホーム > Uncategorized > [覚書]–color=neverせよ。(ホストがダウン等で)参照できないシンボリックリンクがあるディレクトリでlsが激遅くて耐えられない対策。

[覚書]–color=neverせよ。(ホストがダウン等で)参照できないシンボリックリンクがあるディレクトリでlsが激遅くて耐えられない対策。

linus氏はなんとかLinuxのデスクトップが成功するのが夢見ているが、敵はマイクロソフト、その傀儡GNOME、ximian、リンゴそして、アメリカ政府といったところか?WindowsやMacOSと競合しない市場でのLinuxは順調なのだから、そこにヒントがありそうだが

さて、ファイルサーバ上のファイルを参照するように作ったシンボリックリンクが原因で、lsコマンドに耐えられないほどの待たされる経験はないだろうか?

そうシンボリックリンクが背景黒、文字赤で表示されるあれ。

これ、もうてっきりlinuxの致命的な問題なのかと思っていた。あまりにもバカな問題なので。

ところがやっと解決した。

いくつか手段がある(まだベストな方法は決めかねているので今後)

  1. 環境変数LS_COLORSをunsetしてlsコマンドを実行する
  2. lsコマンドのオプションの–color=neverを使う。ex) ls –color=never

 

しかし、大して有難味のないカラーオプションが原因で、こんなバカなことになっていたとは。なにせファイルをホストしているホストというかPCがダウンしている(電源が落ちている)とそれだけで、lsコマンドが遅くてとても使い物にならない状態だったのだから。

 

なんでこんなことが放置されているんだろうか。

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。