ホーム > Uncategorized > [Java]Java **ウェブシステム入門を読んでいるのだが。Javaは似非IT技術者の担ぐ神輿か?

[Java]Java **ウェブシステム入門を読んでいるのだが。Javaは似非IT技術者の担ぐ神輿か?

いかにもというか、Javaはやはり人気がないのだろう。Java EE 7準拠のまともな情報がある入門者向けのサイトが殆どないのだ。。。。いや本当はあるけど情報が古い、間違っている、(mavenなど)マイナーな技術を使うなど偏っていると結局全滅(英語サイトは知らない)。こんなガラクタなら、最初からなければ普通に書籍をチェックしていたのにと逆恨みしてしまいそうなほど酷い有様なんである。

それで「Java **ウェブシステム入門」という本を借りて読んでいるが、なんというかJavaに関わっている連中は余程資金に恵まれた人たちなのか。あと暇を持て余しているのか。いや違うな。口は達者だけど一向に仕事になっていないこの感覚。つまり金を稼いでいないクズの臭いがしてしまうのである。

例えば500 ページだ。Java EEに関するテクニック(あえて技術としない)まそつなく説明はしている。凡そ500ページを読み終えたところで学習のまとめとしてWEBアプリを作るのだが、簡単な「雑貨屋」のプログラムとなっていて頭を抱える。うーん。もう少しマシな例はないのか?。この雑貨屋の章を最初にやって詳しく知りたくなったら各章を流し読みでいい気がする。

たかだか雑貨屋のプログラムを作るために500ページも読む必要があるのなら、私はPHPやpython、Javascript等の簡易言語でフレームワークを使って同じ機能を数分の一の工数で作るよ。Javaに拘る顧客も説得できると思う。連中はバカだから関わらない方がいいってね。

この感覚どこか見覚えがあると思ったが、そうだJava3Dの書籍だ。あの要領を得ないいつまで立っても結果がでてこない感覚だ。

何をもったいぶっているのか分からない。簡易な雑貨屋プログラムなんてのは最初の章でやって読者に生産性の高さをアピールするなり、興味を持ってもらうなりという思考はないのか。これがJavaの文化なのかね。

JavaはJPAやJPQLなどという車輪の再発明をしていることが、大いに気になる。またそれが大して出来が良くない。自分の場合パラメータクエリのやり方で一気に興味を失ってしまった。

連中はどうもDBアクセスを悪と捉えていてキャッシュ化することを前提にしているようだ。いやだったらJPQLなどと再発明するのではなくオンメモリで動くDBでいいではないかと考えてしまうんである。というか基礎たるDB設計こそ企業にとって資産であり、アプリなんぞ所詮DBのオマケと考える俺からすると「バカの考え休みに似たり」

JavaってのはXML地獄フレームワークでバカをやり過ぎて大いにイメージダウンしたという印象があるんだが。そういう反省は感じられない。アノテーション注釈機能がまた面倒を増やしているのも気になる。

データベースを隠蔽したいSQLを直接記述したくないという思想は許す。しかしgetAllのようなメソッドで大量のデータをキャッシュに持つようなシステムに致命的な問題を起こせる機能を簡単につくれてしまう代物を私は軽蔑する。それは結局直接SQLを操作することと大差ない気がするんである

Stream APIやラムダで少しはましになったかと考えたが、Javaへの落胆はまだまだ続きそうだ。

Javaは

  1. 単に機能がまあまま揃っている(使いやすい状態であるという意味は含まない)
  2. 標準化団体があって、.NETのような私企業の独裁がない。
  3. (2.のおかげで)なんか権威がある

という微妙な三点が市場に評価されているだけ。この惨めな姿を直視できないままではますますJavaの分裂は拡大するんだろう。バーカ

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。