アーカイブ

Archive for 2016年5月

[覚書]linux版firefoxとlinux版chrome(Chromium)に絶望しても救世主Vivaldhiがある幸せ

2016年 5月 7日 コメントをどうぞ

linuxデスクトップにおいてwebブラウジング、ネットサーフィンはますます酷いことになっている。

linux版firefoxでは偶に遭遇するラグ(ホイールでページスクロールができなくなるほど遅くなる)を我慢すればなんとか。

linux版chrome(chromium)においてはアドレスバーへの検索文字列入力で放り投げ出したくなる遅さ、引っ掛かりの発生である。

この状況、Windowsを擁するマイクロソフトやMacのアップルにとって喜ばしいことなんだろうなぁ。(ん?いやそもそもの主犯?)

そんな暗澹たる時代にVivaldiである。

久しぶりに

  1. アドレスバーに検索キーワードを入れても引っかかる忌々しい苦痛に遭遇しない!!
  2. ホイールを回しても引っかからない!
  3. クソで重い新Googleマップが使い物になる!

もうそれだけで気に入ってしまった。

入力がスムーズなのは大事なことなんだ。

レンタリングエンジンが速い?遅い?関係ないね。(いやvivaldiの描画エンジンは速い)

いつまで蜜月でいられるかわからないが、Vivaldi、宜しく頼む。

広告
カテゴリー:Uncategorized

[覚書]Linux版Chromeブラウザで動きが渋いと感じたら、デフォルト検索エンジンを変えるが吉。本当はVivaldiに変えればもっと良い。

2016年 5月 6日 2件のコメント

うざいっすね?Chrome(又はChromium)。linuxデスクトップの救世主であった時代があったことが嘘の様だ。

良かったといえば、起動直後のChrome(又はChromium)でアドレスバー(正確にはオムニバー)で日本語変換をONにできなかった不具合。偉い人が直してくれてた!

さて色々な偉い人のお陰で救われているChromeやChorimumだが、何度も指摘しているけどアドレスバー(正確にはオムニバー)への日本語入力は苦痛で仕方ない。

キー押下毎に一々通信してオススメの一覧を表示してくる。うざい。通信していてもいいけどまじで裏でこっそりやってろボケ。日本語入力がスムーズにできなくしている現状は明らかに大問題だって。

そんなあなたにオススメなのが、デフォルトの検索エンジンをDuckDuckGoとかオススメを表示しない他の検索エンジンにすること。オススメで日本語入力が引っかかったりしないから快適快適。

DuckDuckGoじゃ満足できない検索が必要の時は?今や懐かしいグーグル先生に問い合わせるときはGoogle検索のページ(https://www.google.com)に行くだけのことだ。(いやそれも面倒ではあるよな。反省)

とはいえ、検索バーというかアドレスバーというかオムニバーといかここで検索したいよね。

ならchrome(Chromium)なんて試作品やめてvivaldiに変更が吉。

カテゴリー:Uncategorized