カテゴリー
Uncategorized

[覚書]Linux版Chromeブラウザで動きが渋いと感じたら、デフォルト検索エンジンを変えるが吉。本当はVivaldiに変えればもっと良い。

うざいっすね?Chrome(又はChromium)。linuxデスクトップの救世主であった時代があったことが嘘の様だ。

良かったといえば、起動直後のChrome(又はChromium)でアドレスバー(正確にはオムニバー)で日本語変換をONにできなかった不具合。偉い人が直してくれてた!

さて色々な偉い人のお陰で救われているChromeやChorimumだが、何度も指摘しているけどアドレスバー(正確にはオムニバー)への日本語入力は苦痛で仕方ない。

キー押下毎に一々通信してオススメの一覧を表示してくる。うざい。通信していてもいいけどまじで裏でこっそりやってろボケ。日本語入力がスムーズにできなくしている現状は明らかに大問題だって。

そんなあなたにオススメなのが、デフォルトの検索エンジンをDuckDuckGoとかオススメを表示しない他の検索エンジンにすること。オススメで日本語入力が引っかかったりしないから快適快適。

DuckDuckGoじゃ満足できない検索が必要の時は?今や懐かしいグーグル先生に問い合わせるときはGoogle検索のページ(https://www.google.com)に行くだけのことだ。(いやそれも面倒ではあるよな。反省)

とはいえ、検索バーというかアドレスバーというかオムニバーといかここで検索したいよね。

ならchrome(Chromium)なんて試作品やめてvivaldiに変更が吉。

「[覚書]Linux版Chromeブラウザで動きが渋いと感じたら、デフォルト検索エンジンを変えるが吉。本当はVivaldiに変えればもっと良い。」への2件の返信

Ubuntu14.04とChromeで遅いと思ってたんですけど
OSの言語を英語にしたら遅さが解消したんですよね。
理由はわからず。

それって(ふつーに日本語変換で)日本語入力できるんですか?
環境とか良かったら教えてください

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中