ホーム > Uncategorized > [覚書]linux版firefoxとlinux版chrome(Chromium)に絶望しても救世主Vivaldhiがある幸せ

[覚書]linux版firefoxとlinux版chrome(Chromium)に絶望しても救世主Vivaldhiがある幸せ

linuxデスクトップにおいてwebブラウジング、ネットサーフィンはますます酷いことになっている。

linux版firefoxでは偶に遭遇するラグ(ホイールでページスクロールができなくなるほど遅くなる)を我慢すればなんとか。

linux版chrome(chromium)においてはアドレスバーへの検索文字列入力で放り投げ出したくなる遅さ、引っ掛かりの発生である。

この状況、Windowsを擁するマイクロソフトやMacのアップルにとって喜ばしいことなんだろうなぁ。(ん?いやそもそもの主犯?)

そんな暗澹たる時代にVivaldiである。

久しぶりに

  1. アドレスバーに検索キーワードを入れても引っかかる忌々しい苦痛に遭遇しない!!
  2. ホイールを回しても引っかからない!
  3. クソで重い新Googleマップが使い物になる!

もうそれだけで気に入ってしまった。

入力がスムーズなのは大事なことなんだ。

レンタリングエンジンが速い?遅い?関係ないね。(いやvivaldiの描画エンジンは速い)

いつまで蜜月でいられるかわからないが、Vivaldi、宜しく頼む。

広告
カテゴリー:Uncategorized
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。