[覚書]ibusを再起動。一部のだがしかし重要なソフトで日本語が入力できない!!対策。ibus-daemon登場の巻

まあなんだ。いつのまにやらibusを使ってる。

ibusとか勧めないけど、これってcentosあたりの標準入力メソッドなんだな

本当はuimにしたいところだが、お気に入りのアプリだとどうしても設定を追求したくなるが、ibusだとまあ諦めがつく(Windowsみたいなものだ)から、今はこれで良としている。

現象。iBusを再起動したら一部のアプリで日本語入力できない。

使っていたらいつの間にかiBusが死んでいた。ibus-daemonで再起動したが、ブラウザとか新しめのソフトでは日本語入力できる。だがmltermとか歴史があるソフトだと入力できない。なぜだーibus対応版のはずだが。

ibus-daemonの–ximオプションと-dオプションをつかえ

発見したのは、いつもお世話になってる。archlinuxのサイト

https://wiki.archlinux.jp/index.php/IBus

オプションの意味は

-d バックグラウンドで動かす

–xim ibusのxim serverを動かす

-dはまあよしとしよう。–ximがなんか経緯とかありそうだな。まあいいか。

どうせibusだし大したことないんだろう。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。