アーカイブ

Posts Tagged ‘chromium’

[覚書]Linux版(webブラウザ)Chrome/Chromiumでオムニボックス(アドレスバー)でgoogle検索するウザさを回避する。簡単な答だった。

2017年 9月 3日 コメントをどうぞ

Chrome/Chromiumのオムニバー(アドレスバー)だけど、日本語入力と相性悪いよねー。

自分が遭遇するのは日本語で検索しようとローマ字入力していると、途中で勝手に変換されて検索までされてしまうという。ホントうざい。死ねってかんじ。

簡単な対策としては、つまりオムニバー(アドレスバー)で検索をしなければいい

いやいや、googleのページで検索キーワードを入れようとしても、オムニバーに飛ばされるだろボケ

という声が聞こえてくる。ところがそれは回避可能だ。

#対策

1.Chrome/Chromiumで設定ページを開く。または次のurlを開く。
chrome://settings/

2.[検索]セクションの[検索エンジンの管理…]ボタンを押す。

3.[既定の検索設定]で、Google以外の検索エンジンを選択し、[デフォルトに設定]ボタンを押す。

#どうなるのか

  • googleをデフォルトから外すことで、Googleの検索ページで検索キーワードを入力した時に、オムニバーに飛ぶ奇怪な動作を抑止できる。

  • オムニバーの動作は異常だが、ただのテキストボックスにおいて今のところ異常は見当たらないのでこれでOK。

広告
カテゴリー:Uncategorized タグ: , , , ,

[覚書]ubuntu 16.04系でadobe flash playerをインストールして、chromium, chrome, firefoxで動かす

2016年 11月 6日 コメントをどうぞ

以下当然だが管理者ユーザでやる

/etc/apt/sources.listを編集。以下の行を有効にする(コメントを外す)
deb http://archive.canonical.com/ubuntu xenial partner

aptパッケージ操作のアップデートを実行
apt-get update[Enter]

apt-get install adobe-flashplugin -y[Enter]

※papperとか使って遠回りしたぞぼけーーー。我はSHUFUUを観たいだけなんじゃー

[覚書][debian][linux mint]Linux版Chromium(Chrome)をダウングレードし、勝手に更新されないように固定する。Chromium(Chrome)のバージョンが35になってIMEまわりでフラストレーション溜まりまくりなので

2014年 8月 24日 コメントをどうぞ

Chromium 35(Chrome)のアドレスバー(つーかomnibar)で日本語入力ができない(IMEをオンにできない)。これってとてもフラストレーションがたまる。仕事で使っていたら耐えられない辛さである。

この現象についての詳細は後で。
先ずはChromium(Chrome)のダウングレード&アップグレード禁止の手順

前提

  • インストールしてあったChromium(Chrome)を復活する
  • 過去にダウンロードしていたパッケージを消去していないこと

手順

Chromiumのパッケージで説明

Chromiumをアンインストールする。

apt-get purge chromium chorimum-inspector chromium-l10n

過去のアーカイブのあるディレクトリに移動し、パッケージの存在を確認

cd /var/cache/apt/archives

# ls chromium*
chromium-inspector_34.0.1847.116-1~deb7u1_all.deb
chromium-inspector_34.0.1847.132-1~deb7u1_all.deb
chromium-inspector_35.0.1916.114-1~deb7u2_all.deb
chromium-inspector_35.0.1916.153-1~deb7u1_all.deb
chromium-l10n_34.0.1847.116-1~deb7u1_all.deb
chromium-l10n_34.0.1847.132-1~deb7u1_all.deb
chromium-l10n_35.0.1916.114-1~deb7u2_all.deb
chromium-l10n_35.0.1916.153-1~deb7u1_all.deb
chromium_34.0.1847.116-1~deb7u1_i386.deb
chromium_34.0.1847.132-1~deb7u1_i386.deb
chromium_35.0.1916.114-1~deb7u2_i386.deb
chromium_35.0.1916.153-1~deb7u1_i386.deb

戻したいバージョンのファイルでインストール。下記の場合バージョン34.0.1847.132.1

dpkg -i chromium-inspector_34.0.1847.132-1~deb7u1_all.deb chromium-l10n_34.0.1847.132-1~deb7u1_all.deb chromium_34.0.1847.132-1~deb7u1_i386.deb

apt-get upgradeでアップグレードされないようにマーク

apt-mark hold chromium chromium-inspector chromium-l10n

アップグレード禁止でマークされたか確認

# apt-mark showhold
chromium
chromium-inspector
chromium-l10n

留意点

ダウングレードするとChromium(Chrome)起動時にプロファイル関連のエラーがでる。プロファイルを消せばでないが、面倒なのでなんとかしたい。

[覚書]35.0.1916.114 Debian 7.5のchromiumがおかしい。アドレスバー(オムニボックス)で日本語が入力できない等+原因は Omnibox/IME Coordinationプロジェクトか?

2014年 6月 7日 コメントをどうぞ

35.0.1916.114 Debian 7.5のchromiumがおかしい。

アドレスバー上にあるURLアドレスの表示と入力や検索キーワードを入力したりするオムニボックスなんだが、新規タブに限ってここに日本語を入力しようとして、IMEを起動しようとしても起動出来ない状況に度々陥る。

新規タブというのは中央にgoogleのロゴと検索キーワードを入れる入力項目のある画面だが、これが色々と問題を起こしている感じ。

というのも、この入力欄に検索キーワードを入れると、途端にURL入力バーにフォーカスが飛ばされたりと非常に不快且つ素人浅知恵的ユーザインターフェースになっている。このダサさはLinux版だけかと思っていたら、腐れWindows版でも同様だったことに驚いた。Googleに何かとんでもないことが起きているのか?まるでどっかの特亜国のような稚拙さを感じてしまう。

そこで、この新規タブに遭遇する機会を減らすべく、起動時に他のページなどを開くように設定したのだが、それをすると過去に開いていたタブが復帰するようになる。これは3つある設定のうちの二番目の選択と同じなんである。つまり機能していない。つまりバグ。

色々とおかしい。当分主力はfirefoxということになりそうだ。

追伸

どうもこれ(下記)が問題と関係していそうな予感

http://www.chromium.org/developers/design-documents/omnibox-ime-coordination

このプロジェクトの目的は、 IMEの候補ウィンドウが表示されたら、 omni box の候補ウィンドウを表示しないように抑止することらしいが…

 

[覚書]Linux版Chromium(Chromeも?)でタブの切り替えでyoutubeの動画が真っ黒で観られなくなるの対策

2014年 3月 16日 コメントをどうぞ

youtubeのページを開いた状態で、タブの切り替えをすると動画部分が真っ黒になってしまう(正確には一瞬だけ画像が見える)現象に遭遇し、不快であった。音はするんだけどね。

放置しとけば治るだろうくらいに思いここ一ヶ月くらい放置していたが、一向に改善する様子がないのでググってみたところ現状修復したので報告。

ソース
https://productforums.google.com/forum/#!topic/chrome/Nyzgrf2a8RQ

1.step: go to your browser URL-field and type “chrome://flags”
2.step: set “Threaded compositing” to default
3.step: click “Relaunch Now”

つまり、

  1. chromiumとかchromeで”chrome://flags”を開く
  2. Threaded compositiingを探して、”無効”にする
  3. chromiumとかchromeを再起動

ちなみ改善はするけど、ページの選択が引っかかるようになるかも。まあ機能の性質からいって当たり前なんですけどね。

PS やっぱ完全に改善とは程遠いか。動きが渋くなるから元に戻すかな。

[覚書][さてはアレっしょ?なんか~日本語でも混ぜちゃった?]Linux版Chromium/Chromeのダウロード先フォルダに日本語があるとダウロード失敗するっしょ?

2013年 7月 14日 コメントをどうぞ

青峰 「さてはアレっしょ?なんか~日本語でも混ぜちゃった?」

いやいやいや、自分は英字でしたが、いつのまにか「$HOME/ダウンロード」になっていたわけで、リンクとか事前に用意してあった「$HOME/Downloads」に変更して問題ナシっすよ。

さーて日本語周りも怪しくなってきましたと。

chromium バージョン 28.0.1500.52 Built on Ubuntu 12.10 で確認

[覚書]起動時からfirefox、chrome、choromiumのシークレット(private、incongnito)モードを常用するには?の対策とそれから思わぬラッキー

2012年 2月 25日 コメントをどうぞ

Googleのプライバシーポリシー変更で、にわかに注目されているのかもしれないブラウザのシークレットモード。これを常用するために設定について~

  • firefoxの場合
    [設定]-[プライベート]で、常にプライベートブラウジングモードをON 続きを読む…