タグアーカイブ: ibus

[覚書]ibus版mozcの初期状態を「ひらがな」、 ON/OFFをalt+~で快適なIMEを構築。[mozc 2.17][linux destkop]

やはりLinuxデスクトップは、ibus+mozcが一番安心して使える。

  • uimがなぜか不安定な時がある。
  • fcitxなんて使ったら負け。(実はibusもanthyも・・・)

しかし起動のキーバインドが!!!

  • ibusがクソ思想なので、mozc単体で文字入力を任せるのは辛い。
  • 特に(ibusは)日本語と直接入力の切り替えが辛い。
  • 例えば英語キーボードを使っているとかだと、余っているキーバインド設定がない。
  • mozcはaltをキーバインドに使えない。くそ
  • ctrl+spaceと、shift+spaceはアプリが使っている可能性があるから除外したい。
  • ctrl+F1をキーバインドとか、特殊は嫌。
  • ctrl+jとかアルファベットも、嫌だ。

やっぱ Alt+~あたりメソッドを切り替えられたらみんな幸せになれるよね。

  • ibusのInputMethodの切り替えはAlt+~にできる
  • やっぱり Alt+~ で切り替えたいよね?諸君
  • Alt + ~ でIMEの切り替えにして、mozcの入力モードの初期値が「ひらなが」なら皆が幸せになれる。たぶん。
  • 古いmozcは初期値の設定があったらしいが、最終版はないとか。まじかよ。つーかソース清書したときに省略したんじゃねーの?

というわけで、やはりmozcの入力モードの初期値(初期モード)を「ひらがな」にしたい。ソースみる

というわけでソースを見る。

なんか初期値を設定しているところがない。

うーん。

というわけで、protocol/commands.protoの次


enum CompositionMode {
DIRECT = 0;
HIRAGANA = 1;
FULL_KATAKANA = 2;
..


enum CompositionMode {
HIRAGANA = 0;
DIRECT = 1;
FULL_KATAKANA = 2;
..

にする。

初期値をセットしている箇所があるなら、これで場所がわかるはずーーー。そうでなければ初期値が「ひらがな」になる。さてどうかな。

ビルドして、実行・・あれ?


apt-src build ibus-mozc
dpkg -i ibus-mozc_hogehoge....

あれ、入力モードの初期値が「ひらがな」になった。そーゆーことね。しばらく様子を見よう。

[覚書]iBusのウザい言語パネルをcompizで半透明にして快適にする

iBusにしてもSCIMにしても、アクティブ時に表示される言語パネルはとにかく鬱陶しい代物。 続きを読む

[覚書][ubuntu 9.10]ubuntu 9.10で使えるibusのanthyが何かおかしい[対応]

ubuntu 9.10のibusでanthyって何かおかしくないですか?

「dhi」と打つと「dひ」となってなんじゃこりゃとか?あと何か変換中が貧弱だとか、変換後にカタカナに変換したくてファンクションキーを使っても変換できないとか。変換中もどこを変換しているのか分かり辛いとか。

これなんの事はなくて、ibusで使えるanthyが二つ用意されていてUSキーボード版を使った場合の現象なんだよね。なのでJPキーボード用を選べば先の問題は解決する。もし選べないのなら、ibusのセットアップから追加すればよい。

しかし、わざわざUSキーボード用になっているのが気になる。JP版をUSキーボードで使うと何か問題があるのだろうかと