カテゴリー
Uncategorized

[覚書]ウゼーよKSM。KVM(Kernel-based Virtual Machine)を使うとマウスがカクカクして不快の対策

仮想環境は開発でとても役に立つんだが、その中のKVMはLinux本体と強固に結びついているのが原因なのか細かい問題を起こしがちで、いつの間にか使うのをやめてしまう。それでも他にこれといって選択しがないので忘れた頃に使いだす。SELinuxみたいだ。そして使い出すとトラブルる。デスクトップの動作が渋くなってあーもうw

それが何なのかピンときていなかったんだが、KVMを使い出すとマウスポインタの動作がぎくしゃく

カテゴリー
Uncategorized

[覚書][激遅対策]KVM。ubuntu10.10のvirt-managerのデフォルト設定じゃHDD遅過ぎの役立たずに。virt-managerってKVMを殺したいのか&対策

前日、(ubuntu10.10の)virt-managerを使ってKVM上にWindows Vistaをインストールした所、たったそれだけで3〜4時間かかるし、起動したらHDDアクセスが止まらないと大変お粗末な結果を得た。

こりゃもうVMware様に頼るしかないと急遽ゲット&インストールしてVista挑戦。やはりWindows Vistaだって小一時間で十分インストールできる。これは相当おかし

カテゴリー
Uncategorized

[覚書]linux KVM。vista入れたらHDD遅過ぎで半泣き。こんなに遅かったか?

いまさらvistaをインストールしてみたんだけどディスクアクセスが止まらん(半泣)。動きはスムースっぽいんだが。

こりゃKVM相当

カテゴリー
Uncategorized

[覚書]KVMのVNCはマウスポインタがずれてアカン!!の対策[バッドノウハウ]

LinuxのKVM。virt-managerで作った仮想PCはVNCサーバは設定なしに使えてベラボーに便利!!と極楽なのだが、マウスポインタがずれて結局使えないというオチがある。ところが楽ちんな対策があった~

カテゴリー
Uncategorized

[あほ丸]2009/12/9時点じゃubuntu 9.10はkvmをサポートしてない

リモートで使っているとscim-bridgeがどうも不安定で、頻繁に画面をロックしてしまうので、ubuntu 9.04からubuntu 9.10にアップグレードしたんだが、

  • ビデオがnvidiaだとgnome-setting-daemonがクラッシュ。テーマが反映されないとか
  • ibus自体は安定しているが、ibusで入力しているとキャレットがよく消失する
  • という悲しい結果に。
    それでおかしいなと思ってkvmにubuntu 9.10を新規インストールしようとしたら、また稼働実績がねえ
    大失敗だ〜

    と思ったけど、一応md5sumでチェックサム。やべ腐ってるよ(汗) <– いまここ

    カテゴリー
    Uncategorized

    [KVM][あとで読む]Linux virtualization and PCI passthrough

    KVMパススルーの紹介
    http://www.ibm.com/developerworks/linux/library/l-pci-passthrough/index.html?ca=drs-

    カテゴリー
    Uncategorized

    kvmいいね。vmware workstationは便利だが

    ちょっと疎遠になっていたkvmですが、久しぶりに使い始めました。
    やっぱvmware workstation上(のゲストOSにリモートからXDMCPログイン)とは比較にならないほど速いんだよね。vmxnetドライバが遅いのか使い方が悪いのか
    もっともkvmのほうはvtレディなCPU、vmwareの方は非vtなDCセレロンだし実行時オプションも全然違うので単純に比較してはまずいのだけど。マシンが暇になったら是非速度比較をしてみたい。

    カテゴリー
    Uncategorized

    [脱vmware]KVMのpci-passthrough 成功でうひょ

    〜〜 ただし、ぬか喜びの要素強いので注意して読まれよ 〜〜〜

    kvmといえば、パススルでネットワーク速度を稼ぎたい。

    しかし、kvmのパススルはe1000eといったNICと相性が悪いというか

    ただのPCIの蟹NICをゲストに割り当てようとすると、他のデバイスと割り込みを共有しているとvirtmanagerあたりに叱られる。

    というわけで、USBデバイスの割り当てでお茶を濁してみた。

    BuffaloのWLI-UC-GNで接続を試みたところ、便秘気味なもののDHCP仲介で接続成功。

    ・・・これでX11がまともに動けば、vmware呪縛から逃れられるぞ〜〜〜

    追記

    X11やってみた。vmware上のゲストにXDMCP経由で接続するのに比べれば、いい感じ。

    でもNICが安定していない。pingをしてみると応答時間が酷くバラついている。

    とはいえ、今後のkvmには期待できる感じ

    カテゴリー
    Uncategorized

    [脱firefox]kvmしてもfirefoxのメニュー展開が遅い。webkit系へマイグレ・・・と思ったら、XDMCPでつなげたら速かった・・・と思ったら、やっぱりダメ

    kvm入れてみましたっ!

    vt-dというかpci passthroughでnicをゲストから叩かせるようにしたかったけど、IOMMU=onにするとkernel panicとか。まだ暫く時間がかかりそう。

    まそこまでしなくても、ブリッジで悪くないというか期待できるレスポンス。うんうん

    しかーし、これでもなおfirefox 3のメニュー展開が遅い。なんなんだ。これはもうfirefox特有の問題

    vmware workstaionではメニュー展開の速度は悪くない速度だったけど、faviconの表示が遅すぎ。

    というわけでfirefox 3に見切り。時代はwebkitだし、そっちにマイグレ。依存していると良くならない。

    ・・・と思っていたが、KDMをクライアントPCに入れてkdmのubuntu 8.10ゲストに接続してみた。

    firefoxのメニュー展開は・・・速い・・・・

    ・・・と思ったが、真剣に使い出してブックマークとか整備しだしたら、途端に遅くなった。やっぱダメ

    カテゴリー
    Uncategorized

    kvmのvt-dに萌える

    これのioパフォーマンスをみると萌える。CPU使用率が高すぎるのはなんだけど

    カテゴリー
    Uncategorized

    [脱vmware]kvmってこんなに速いのか

    これみて、もうKVMがやりたくてやりたくて。

    これでもう遅いLinuxデスクトップとはおさらばできますか?

    …..nic性能とかあるけど

    カテゴリー
    Uncategorized

    [vmware]workstation 6.5.2でubuntu 8.10ゲスト正式対応

    workstation 6.5.2でubuntu 8.10ゲスト正式対応しましたね。あー良かった。

    ていうかubuntu 8.04LTSすら正式サポートじゃなかったのかという驚きも

    それでそれで驚きというか当然というか、なんとfedora 11が実験的にゲストOSとしてサポートされています!!!

    これはこれは、恐らくKVMとかの脅威に違いありません。がぜんKVMに期待大ですよ!(思いつきだけど)

    USBが使えるWindows専用仮想PC環境としてvmwareを退役させることができるっす!(だってlinuxデスクトップが遅いんだもん)

    VMware provides support for the following operating systems for Workstation 6.5.2:

    * Windows Vista Service Pack 1 and Service Pack 2
    * Asianux Server 3.0 Service Pack 1
    * openSUSE 11.1
    * Ubuntu 8.10
    * Ubuntu 8.04 LTS

    VMware provides experimental support to the following operating systems for Workstation:

    * Fedora 11
    * FreeBSD 7.1
    * Mandriva Linux 2009
    * Novell SLE11.0
    * Red Hat Enterprise Linux 5.3
    * Red Hat Enterprise Linux 4.8
    * Sun Solaris 10 Update 6
    * Ubuntu 9.04