アーカイブ

Posts Tagged ‘mate’

[覚書][linux]ubuntu系でマウスのホイールで中クリックできない対策。emulate 3 buttonsとか要らねーの巻[追試希望]To enable physical wheel button click as middle button on ubuntu.

2017年 1月 8日 コメントをどうぞ

ubuntuでもmateが使えるようになってもう十数か月。

油断ならない品質はいつものことだが、使わせて貰っているだけのクレクレ君なだけに大きな声で文句は言えない。

大金を稼いでlinux界を荒らしまくっているくそったれなredhatというかfedoraよりは随分マシだ。systemdとか。お前はmutlicsかと

さて、middile buttonというか中ボタンというか、これがubuntu mateで機能しない。xinputでテストしても反応がない。右左ボタン同時押しの中クリックは機能する…

小さな声で。。。死ね(ボソ)

なかなか難しいのかも知れないが、こういう小さな躓きがLinuxデスクトップを使うことの哀れさを一般人から買っている。そして他人に勧められない。もっともLinux Desktopの推進者たちはポーズだけで本当は勧める気がないのだろうことは明白だ。(連中はMacを愛しているし、生きる手段としてMicrosoftが必要なんだろう)。問題は多々あるが新しい潮流なくしてLinuxデスクトップの発展はない。 mate?悪くはないが所詮徒花だろう?compizとかマジ要らねー資源の無駄遣い。marcoを更新しろってば

まあいい対策は

(1) xorg.conf.dになんとかして、マウスの”Emulate3Buttons” “off”を突っ込む。つまり、/usr/share/x11/xorg.conf.dに作れ。

(2) mateのリポジトリ(GNOMEのクソがこんなクソなWindows文化を輸入しやがった死ね)のorg.mate.peripherals-mouseをfalseにする。dconf-editorを使え。

(3)後は再起動。本当はxorgをリスタートするだけでよいが。好きな茨の道を選べ 1..reboot 2.systemctl restart lightdm辺り。テストするだけならXorgを:1とか:2で起動して動作確認。

でいいみたいだ。

いいみたいだと言うのは、これで中クリック、ホイールクリックが機能したのだが、解せない動きがあったのである。

本当なら初期化して最初から確認するところなのだが、systemd文化に染まりつつあるlinuxに魅力を感じなく成っている。つまり動けばOKって奴である。

linuxはwindowsによるIT業界の閉塞感を忘れさせてくれる清涼剤出会ったが、確実にマイクロソフトの暗黒面が侵食しているんである。

果たしてlinuxがwindowsを取り込むのか、逆に取り込まれるのか。

広告

[覚書]mateやGNOMEで休止状態 サスペンドがおかしいとき使ってみて欲しいpm-hibernate, pm-suspend

2014年 12月 14日 コメントをどうぞ

いまだGNOME等Linuxデスクトップを使っているマゾの皆さんこんにちは。マゾ?とんでも無いって?Linuxデスクトップ使っていて困っていない?だとしたら自分がいかに不勉強だったり、時代に遅れていることに危機感もってください。もしIT関連の仕事をしているなら特に。Linuxデスクトップは時間の無駄ですよ。GNOME筆頭に出来損ないLinuxデスクトップに時間を潰している時間などないはず。

ところでmateがcompizのサポートを開始したとか。悲報である。やはり目を離すとおかしな方向にいく。あーあ

さて、自虐的Linuxデスクトップ使いにとって、mate含むGNOMEで頭が痛いのが電源周りの動作がテキトー過ぎること。

  1. 指定した時間を経過してもサスペンドしない。
  2. サスペンドしたと思ったら復帰する。
  3. ハイバネートしても、ハイバネートしない
  4. ハイバネートから復帰しても、復帰できることは稀

まー相変わらずのGNOME品質に悩まされるわけだ。さすがGNOMEが寄せ集めたクソな製造担当(プログラマのこと)の作る製品だけのことはある。このへん日本製にできないものかとマジで思う。多分最低クラスのプログラマでもここまで酷くはなるまい。

というか、GNOMEはfreedesktopなんちゃらとかいうご立派な立場ではあるのだが、Linux潰し機関でもあるので当然なのであろう。米国はLinuxを共産主義者の代物と敵視しているし。(しかしだったらWindowsもっとマシにしてくれ・・・Windows 8とoffice 2007以降の低生産性とかなんだよあれ)

というか、Windows 2000の栄光より後のXP以降→Vista→7→8って、蒸気機関車で流線形車両した馬鹿馬鹿しさと被る。あれは整備性が著しく低下して不評だったということだが、そのまんまWindowsやらOffice製品に当てはまっている。

で、もう皆さんわかっていることと思うが、とにかくGNOMEが絡むアプリや製品は使わないことが全てにおいて近道というか、王道である。GNOME品質に付き合って時間を浪費したところで、誰も苦労を理解してくれないのだから。

で本題に戻す。

そんな感じで諦めていた。サスペンドしておいた状態で電源断とか平気でできるようになった。「あー割れ窓割れ窓」

そんな状況でたまたま実行してみた標準的なコマンド「pm-hibernate」はきっちり動作することが判明(debianさん、カッケー)

つまり「Linuxデスクトップ、トラブったらGNOMEとSE Linuxを疑え。そして直ちに無力化せよ」

いやいや、つまり

ハイバネートする時(Xが起動している状態)

  1. ctrl+alt+F1などで仮想端末へ移行
  2. ログインする
  3. sudo pm-hibernateなどで実行
  4. 休止状態へ移行

復帰する時

  1. 電源ON
  2. ctrl+alt+F7でXを移行
  3. 復帰完了。ユーザは作業続行へ

いやー良かった。

[覚書][mate]ウィンドウマネージャmarco(元metacity)のウィンドウサイズ時の表示を止めるなど、虚飾を廃するコマンド

2013年 8月 17日 コメントをどうぞ

コマンドラインで次を打つ。

gsettings set org.mate.Marco.general reduced-resources true

カテゴリー:Uncategorized タグ: ,

[覚書]Linux mint 1.6 mate edtionとかmate 1.6ってバギーじゃね?GNOMEあたりと比べたらマシとはいえ

2013年 8月 15日 コメントをどうぞ

気になること。debian+mate1.6, linux-mint(mate 1.6)のどちらか一方、または両方で

  •  キーボードのショートカットキー定義がセグメンテーション違反で落ちる。
  • ログアウトしてもGNOME関連の糞プロセス(welcome等)が残る。まあこれはいつものことか。
  • お気に入りアプリの設定変更で重要なコマンドが動かない。”xdg-settings get default-web-browser” とか。かなりの人に重要なはずなんだが
  • タスクバー上のアプレットにGNOME3が混入してて気持ち悪い。タスクバー上にある糞なネットワーク設定のアプレットがあるが、これがmateじゃなくて糞GNOMEのnm-applet。おかげで動きが怪しい。ウィンドウのテーマが働かないなど。

追加(8/25)

  • ログイン直後に、ウィンドウ装飾(テーマ)が不完全(フォントが影だけで正面色がないになっている)。外観の設定画面を呼び出した途端に正常になるが。
  • linux mintだと、原因を究明したくても、debパッケージに対するソースのリポジトリがない。このパッケージ大丈夫か?deb srcでしっかりメンテナを監視したい常識人にはdebian+mateがオススメか。fedora ?知りません。

[覚書]mateデスクトップ付属の腐れスクリーンショットアプリをshutterにさっくり変更

2013年 7月 13日 コメントをどうぞ

「 mateよ。お前のスクショは腐っている」

というわけでmateに標準のスクリーンショットアプリをshutterってアプリに置き換えます。

shutterをインストール

apt-get install shutterとか常識の範囲でどぞ

ショートカットキー定義を変更

PrintScreenキーやAlt+SysReqでスクリーンショットを取るために以下を設定します。

gsettings set org.mate.Marco.keybinding-commands command-screenshot ‘shutter -f’
gsettings set org.mate.Marco.keybinding-commands command-window-screenshot ‘shutter -w’

設定されたか確認するには次のコマンドを発行

gsettings get org.mate.Marco.keybinding-commands command-screenshot
gsettings get org.mate.Marco.keybinding-commands command-window-screenshot

以下は不要の覚書。スクリーンショットキーバインドを再設定

gsettings set org.mate.Marco.global-keybindings run-command-screenshot ‘Print’
gsettings set org.mate.Marco.global-keybindings run-command-window-screenshot ‘Sys_Req’

蛇足

ちなみに、
Alt+Sys_ReqとMateのキーバインド設定は鬼門。こちらをさわると祟りがあるので解決されるまで触らないこと。

蛇足2

スクリーンショット(画面ハードコピー)って大事なんですよ。とくに開発やテストの現場で良いツールがなかったらまずその現場から良いものができることはないと考えてもいいかも。そういう意味でmateのスクリーンショットまわりが酷いことになっているのは、明らかに問題。もしかして内部で問題起きてる?

[覚書][GNOME SUCKS]MATEデスクトップのショートカットキー定義追加危険。MATEデスクトップですら進むデスクトップ環境崩壊orz

2013年 7月 13日 コメントをどうぞ

ショートカットキーの定義を追加したら、動作しない上に、ショートカットキー定義アプリ(mate-keybinding-properties) が起動不能。

どうせーつーんだ。gsettingsで弄くれつーのか!!!

KDEを除けば今もっとも我慢すれば使えるLinuxデスクトップ環境のMATE。
これのスクリーンショット関連が腐っているのは前回報告した通り。

で腐ったスクリーンショットアプリをshutterに置き換えをしようとしてドハマリ。

MATEのショートカットキー設定に追加。しかし効かない。再度設定を見直そうにも前述の設定アプリ(mate-keybinding-properties)がコア吐いて起動しない。

まじかまじか。

青峰 「なにそれ、アレっしょ?なんか~日本語でも混ぜちゃった?」

とお決まりのパターンかと思い設定関連をごそっと消去(つまりホームディレクトリの設定ファイルをリセット) 。再度ショートカット関連を英数字だけで設定した、これで不具合でるならMATE完全腐敗伝説決定。。。。不具合再現しました!!!!! orzorzorz

このヌルさ。さてはおまえはGNOMEの残党。。。。。

…まあGNOME2ベースだが

いやーん。Windows以下にするのいい加減勘弁してしてくれねーかな。環境設定以外のことがしたいんだよ。

[覚書][GNOME SUCKS]gnome-terminal/mate-terminalでシングルクオートや○が重なったりで正しく表示されない問題の対処は WenQuanYiフォント(固定幅)を選択で。ただし中華製フォントorz

2013年 6月 2日 コメントをどうぞ

Linuxデスクトップってホントユーザ居なくなったなーとつくづく思う。

つーのも、gnome-terminalとかVTE使ってる端末エミュレータを、日本で流通しているフォントで表示すると、シングルクオートとか「○」や「△」等の記号が正しく表示されない。重なるとか、バックスペースで消えないとかかなり情けない。

これって相当基本的な問題だと思うんだが、まあGNOMEの低品質は今に始まった話じゃないけどさ、さっぱりユーザの苦痛の叫びが聞こえてこないのはどういうことだ?一時期はあったのに

  • (端末エミュレータで)LANG=Cで使うやつばかりで、日本語を表示していない。
  • そもそも端末エミュレータを使っていないヘタレばかり

ということなんだろうか。

それはさておき、日本産フリーフォントでは全滅なのに、gnome-terminalやmate-terminal上で、中国産WenQuanYiの固定幅フォントはシングルクオートとかマルや三角の記号を完全に正しく扱ってくれちゃうのである。

まあどういうことかは一目瞭然なのだが・・・・

アホなGNOMEに付き合うんだから、アホで対抗するというのはアリだよな。

[覚書][GNOME SUCKS][MATE]腐ってるgvfsによるオートマウント、ネットワーク共有マウントをオフにして快適にする。systemd環境ではダメかも

2013年 5月 18日 コメントをどうぞ

対策

/etc/environmentを編集する等で環境変数を付加する。追加する環境変数はこれ

GVFS_DISABLE_FUSE=1

副作用

  • これだと全体に設定が効いてしまう。
  • gvfsd自体の起動は阻止できない。悪の結社GNOMEの企みによってgvfsはシステムに蜜に結合と。
  • あくまでもfuse絡みのみ
  • 自前でネットワークの共有フォルダをマウントする必要がある。サスペンド&レジュームの電源周り面倒くさい。

補足

もしかして、systemd環境下は/etc/environmentを無視していないか? systemdが直接gvfsをキックするので。バカやろー

 

消えてなくなれ腐れGNOME、腐れGVFS

GNOMEの誇るgvfsのfuseは腐ってやがる。本当に腐っている。

何が腐っているかというと、UNIXの美点?Everything is a fileを崩そうと画策しているから。他にもいろいろとあるが。

でそのgvfsの現状なんだけど今まではWindowsの共有フォルダなどに$HOME/.gvfsからディレクトリにアクセスできた。

が、その~.gvfsを/run/user/<user_id>/gvfsに隠し、さらにnautilusといった悪魔のファイラで開くと、smb://<netbiosホスト名>/<フォルダ名>(例 ホスト名が  hoge_hostで共有フォルダがmiscだった場合、smb://hoge_host/misc)と認識され、シェル(bashとか)でのアクセスが容易にできなくなった。(実際は/run/user/から辿ればいけるが面倒は増えた)

ファイル共有でシェルなんか使わないから関係ないとかいうやつが必ず居そうなので、そういう人は自分の想像力の無さを反省して貰いたい。シェルに影響があることは、普通のプログラム(アプリ、コマンド)にも影響があるという事だ。そりゃそうだろ?  ls -l smb://hoge_host/miscが可能になる日なんてやってくるのかね?  Libreオフィスとか、FirefoxやChromeがファイルのダウンロード先にネットワーク共有フォルダを選択できないのは先ずはこれが理由だ。VLCはsmb://でアクセスするとものすごい不安定になるが、普通にマウントしたパスをVLCに与えてやればど安定に動作するのだ。

この手法、どこかで見た記憶がないだろうか?これってWindows 3.1の時代よりシェルからネットワーク共有フォルダにアクセルするのに、UNCを直接アクセスが面倒なため、ドライブやらを経由させて、エンドユーザ/開発者にとって大変面倒なことになっているが、これをもう20年近く放置している状況に似ていないだろうか?

あれは便利なCUIからユーザをひっペ剥がして、使い辛く作るのが手間でコストのかかるGUIに移行させる手段の一つだったわけだが、うまく機能した。なにせ今時のヘタレ開発者はDOSシェルすら使えないのだ。恐ろしいことだ。

シェルが使えないってことは、バッチがオーバーテクノロジってことだ(恐ろしい)。もともとDOSのバッチなんて最低な代物さわりたくないが、MSはバッチ排除に突き進んだ。よほどバッチがなくなることで仕事が増えて会社に利益があると考えたんだろう。なにせ定時にやる簡単なファイルのコピーですら、バッチでやるとあまりの非力さに気絶してしまいそうになる(shスクリプトなら1分でかけるコードをバッチで書いたら一日使ったとしても不思議でないくらい非力。バグの温床)。MSは一般にコンピュータを普及させたが、簡単にしたわけではなかった。というか簡単に使える手段は決して提供しなかった。それはすべて、MSが機能を小出しにして自分たちの利益にするつもりだったのだろうと自分は思っている。まおかげで人々はWindowsとMSに愛想をつかせ、MSは見せかけのIT先駆者の立場から転げ落ち、存亡の危機にあるわけだが。

POWER SHELLなんてあっても有効活用とは程遠い。主力のXP/2003 Serverで標準装備されていないからな。標準装備されていないものはヘタレの管理者しかいないサーバにはインストールされない。管理できないからな。よって利用者数が増えない。増えないから使わない。その繰り返し。悪夢だ。

でまあ話戻って、この悪魔の所業はLinuxデスクトップでも起こされていた。

いつかは気付いてCUI潰しを改めてくれるものと思っていたんだが、どうやらこれは本当に弾圧で、Linuxデスクトップの完全陳腐化か Linuxデスクトップ先住民を完全に駆逐するまでやり続ける気がしてきた。危機感出てきた。

例 MATEにGNOME 3のモジュールが入ってきている。mate-conf-editorがなくなるなど。乗っ取りは始まっているのか

Mate 1.6のスクリーンセーバ、また不具合か?タイムアウトの時間設定が機能しないんだけど。それにスクリーンセーバを切るとシステムの自動サスペンド機能しないし。

2013年 5月 4日 コメントをどうぞ

Mate 1.6のスクリーンセーバ、また不具合か?タイムアウトの時間設定が機能しないんだけど。それにスクリーンセーバを切るとシステムの自動サスペンド機能しないし。

カテゴリー:Uncategorized タグ:

[覚書][GNOME SUCKS] mate 1.6でスクリーンショット(画面のハードコピー)した時、[保存するフォルダ]で[その他…]でフォルダを選ぶと問答無用でホームディレクトリに保存されるよ。注意

2013年 5月 4日 コメントをどうぞ

唐突だが、スクリーンショットを使うと[スクリーンショットの保存]というダイアログが表示され、ファイル名とか保存するフォルダとかを指定できるんだよ。シンプルだろ?

ところが[保存するフォルダ]が曲者なんだ。このボタンをクリックして最後にある[その他…]を使うとファイルダイアログが開いて自由にフォルダが選べるようになるのだが、ユーザはフォルダを指定してもプログラムは無視しすべてホームディレクトリ($HOME)にスクリーンショットを保存してしいまう。だから[その他…]を使ってはいけない。(2013/4/30現在)

で、些細なバグだろうとソースを見てみたのだが、驚いた。たかだが(スクリーンショットで生成された)画像を保存するだけの質素なダイアログなのに、妙に入り組んでいる。俺がヘタレ開発者だってのはあるにしても問題発生の箇所にすら辿り着けなかったのには正直驚いた。(また時間が合った時に見るけど。)

つーか、ただ保存先のフォルダを指定するだけの部分でなぜにここまで複雑にする? まず、お気に入りのフォルダの一覧”らしきものを表示し、そこになければ[その他…]を選べ?しかし[その他]は正しく機能しない。なぜ素直に共通のファイルダイアログを使わない???素直に枯れたコードを使わない???なぜ枯れたUIのメタファを使わない???なぜ素人バグを入れる???。心の底から「GNOME死ね」。

スクリーンショットっていうか画面のハードコピーって大事だと思うだよね。開発やってれば画面イメージはエビデンスとして重要だから。そんなものすらちょっとしたことで機能しなくなる作りにしてしまうのか。ホントGNOMEはLinuxデスクトップの内部破壊者だよ。

MATEはGNOMEの負の遺産の部分をばっさり切り捨てて、安定したコードで枯れさせる方向に向かった方がいいと思う。MATEが派生してしまったら分断して個別撃破されてはGNOMEの思う壺だ。