アーカイブ

Posts Tagged ‘nautilus’

[覚書]キルナイン発動。なんにもしてない筈のnautilusがCPUリソースの90%近くを食う。アホ

2011年 12月 23日 コメントをどうぞ

遅い。まあrsyncしてるし仕方ないと思ってtopで確認して驚いた。

なんとなんとnautilusが90%以上CPU食っているんである。

速攻でキルナイン(kill -9)しましたとも。ざけんな

広告
カテゴリー:Uncategorized タグ: , , ,

GNOME提灯記事にみるGNOMEの地位は脆弱とnautilus&thunarにみる利用者不在

2011年 7月 2日 コメントをどうぞ

20 Best GNOME Applicationsですが、普段Linuxデスクトップを使っている人なら笑える記事かと。nautilus、brasero、Evolutionが上がっているところにリソース不足を強く感じるなー。実際のところGNOMEって簡単に潰せる気がしてきました。要は洗濯と週中です。

それからクソなファイラのnautilusとまだましなthunarですが、どちらもユーザー不在って雰囲気がプンプンですよね。例えば、フォルダに入って親フォルダに戻る(上がるではない。あくまで戻る)という操作をしたとき、前の状態に戻らない

/にいるとして

  1. binに入る
  2. 上に戻る
  3. binが選択状態に戻っていない。
  4. おいおい。またさっきのフォルダを探させるのかあ?面倒くさ!

これじゃあ誰だって端末上でシェル使うよ!使わないのはCUIの初歩もマスターできない情弱だけ!

端末を使った方がはるかに極楽かつ満足のいく作業ができるので敢えてGUIなファイラーなんてのはお子ちゃま向けのお飾り程度の作りになるのはリソース不足故と仕方ないと同情しなくもないけどさー。比較的中の人たちがLinuxデスクトップがWindowsの代わりになると公言していたのは詐欺といっていいと思うよねー。Windowsでexplorerが使い物にならない代物だったらと考えてみ

(explorerだってとても素晴らしい出来とはいえないし、クールとは程遠いんだけど。実務に支障が出るほどじゃない。ワードは実務に支障がでるから使ったら負けだけど)

カテゴリー:Uncategorized タグ: , ,

[覚書]nautilusの共有で見事な落とし穴。日本語の名前がついたフォルダを共有するとエラーでろくにファイルが読めない

2010年 9月 29日 コメントをどうぞ

nautilusのコンテキストメニューにあるsamba共有。windowsから参照するには、お気楽で便利。だが期待を裏切らない落とし穴が。
続きを読む…

カテゴリー:Uncategorized タグ: , , ,

[脱gnome]nautilusの”場所バー”。日本語が入っているとボタンとテキストボックスの交換が不能に

2009年 4月 7日 コメントをどうぞ

表題のとおりです

nautilus 2.24.1。nautilusでデスクトップとかを開いていると、場所バーに日本語が混じったパスが表示されますが、日本語が入っているだけで”ボタン”と”テキストボックス”の交換ができなくなります。

nautilusを使っている変態さんには重要な機能の一つだと思いますが、やっぱりnautilus、期待を裏切らない不完全さです(w

カテゴリー:Uncategorized タグ: , ,