タグアーカイブ: resize

[覚書]sshやexpectを使ったおかげで端末エミュレータでリサイズ(幅や高さの調整)が機能しなくなるの対策。resizeの代替

先ず、タイトルで何がいいたいのか。

端末エミュレータでssh等でリモートのホストにログインした際、ウィンドウのフレームを広げたても、実際の表示内容が追従していない状態。

端末エミュレータ…xterm, kterm, mlterm, mate-terminal,  クソgnome-terminalなどなど

の対応。簡単にいうと

  • 端末エミュレータで***リサイズができない***ってことだ。
  • ウィンドウサイズから得られるcol, rowとsttyコマンドで表示されるcol, rowが不一致ってことだ。

とりあえずスクリプト(sh)をあげておく。細かい話は後日。

https://unix.stackexchange.com/questions/16578/resizable-serial-console-window
より

下記を適当なbashやb shellのスクリプトとしてファイルに保存する。(ここでは “resize_funcs”とでもするか)

 

#! /usr/bin/env bash
res() {

old=$(stty -g)
stty raw -echo min 0 time 5

printf ‘\0337\033[r\033[999;999H\033[6n\0338′ > /dev/tty
IFS='[;R’ read -r _ rows cols _ < /dev/tty

stty “$old”

# echo “cols:$cols”
# echo “rows:$rows”
stty cols “$cols” rows “$rows”
}

res2() {

old=$(stty -g)
stty raw -echo min 0 time 5

printf ‘\033[18t’ > /dev/tty
IFS=’;t’ read -r _ rows cols _ < /dev/tty

stty “$old”

# echo “cols:$cols”
# echo “rows:$rows”
stty cols “$cols” rows “$rows”
}
res
res2

これをリモートホスト上で実行する。

追記)残念ながら上のコードは使えないだろう。◯ソwordpressはダブルクオートを勝手に変換するからだ。 参考までとして欲しい。

 

なおゴミがいっぱいあるのは内緒だw

とりあえず覚書なので以上

[覚書]tigervnc(unbutu 8.10)でgdmログインとか、画面解像度のリサイズとか他

tigervncの検証〜〜〜〜

gdmログインについて

次のコマンドでXvncを実行し、windows xp上のtiger vnc viewerよりGDMログインが確認できた。(接続先ポートは5903)

Xvnc起動コマンド例

Xvnc -geometry 1280×1024 -depth 24 -once -query localhost :3 securitytypes=none[Enter]

(上記は今回の件と無関係なコマンドオプションを含んでいるので注意)

randrというかxrandrによる画面解像度のリサイズ

コマンド発行で瞬時に解像度が変更されて小気味よい

1280×1024にリサイズするコマンド例

xrandr -s 1280×1024[Enter]

1400×1050にリサイズするコマンド例

xrandr -s 1400×1050[Enter]

気になること

  • スペースを叩くだけでgnome-doがポップアップする
  • “”が表示されることが数回あった。shiftキーの扱いがおかしい?
  • gnomeデスクトップの場合、テーマは無視される。Windowsのリモートデスクトップみたいだ

感想

あらためて(windows標準の)リモートデスクトップの偉大さを痛感せざるえない。VMware上のwindowsゲストをリモートデスクトップで使うのって、気になるような違和感がオフィスアプリ使うとか、開発環境使うくらいなら殆どないんだよね。

Windows 7とかになると、そのメリットが消失しそうだけど(w

ubuntu 9.04 serverはkvmに不向き? fedora 11はrandr有りのtigervncとvt-d容易kvmで最強鴨?

ubuntu 9.04 serverって、カーネルが2.6.28なんだねー。pci-stubモジュールが使えないのでkvmでvt-dがどうにもこうにも残念

対してfedora 11は2.6.29なんだよね〜。ubuntuには残念な感が漂う

fedora 11につくtightvncがこちらによると、ついに念願のrandrで画面サイズ変更をサポートするんだよ〜これはまじヤバいです。unix系のついにXのリモートログイン復権の狼煙かも。これでwindows pcもmacもlinuxデスクトップ端末に早変わりっすよ〜〜〜。イヤッホー(^O^`—-

デモそれで使うデスクトップ環境がgnomeってのが痛すぎだが