カテゴリー
Uncategorized

[覚書]OpenOfficeOrgがアホなのか?日本語変換に切り替えるとファイルメニューが開くって笑うしか

これは致命的な人もいるかも

scimなどでインプットメソッドをalt+~でキックすると、OpenOfficeOrgの場合においてはファイルメニューが開いて情けないことに、頻繁にインプットメソッドのオンオフを切り替える人にとっては致命的。OpenOfficeOrgのCalcでやると使い物にならないので笑える。

これはOpenOfficeOrgがAltキーのリリース(離すとき)時にファイルメニューをアクティブにするというMS流儀を踏襲しているために起こる。

尤も,キックの手段はこれ以外のCtrl+spaceやhenkanなどを使っている方が多いのだろう。問題としてみかけたのはiBusへの苦情報告くらいだった。自分はCtrl+spaceでこの問題に気付かなかったのだが、Ctrl+spaceだと打ち易過ぎるので、標準で対応しているalt+~に久しぶりに戻してみたのだった。適度に打ちにくくてこれはよいと思った矢先・・・・

カテゴリー
Uncategorized

[覚書][gnome?] controlキーでマウスポインタ位置を通知させると、scim上でCtrlキーが機能しなくなる

最近になって気付いたのですが、scimで変換中にctrlキーを押下すると直ちにに変換が確定してしまうので、ちょっと困っていました。ですがgnomeのマウスの設定であることが分かりました。gnomeの「マウスの設定に[Control]キーを押下したらポインタの位置を通知する」というのがあり、これをONにするとCtrlを押した瞬間に確定されてしまうようですね

危ない危ない

カテゴリー
Uncategorized

scim とkde(qt?)アプリって相性悪いねー

keepassxとかtaskjuggleruiとかのKDEorQtアプリを使っていると、いつのまにかキーを受け付けなくなることが起こる。

あまりに普通に起こるので、ためしにscim-bridgeをkillしてみると途端に入力を受け付けるようになる。

あらら、scimがfedora 11ではiBusに取って代わられたとか、scimの黒い噂とかそういうことなのか?

とか思って、QTのIMがどんなか調べてみる

set | grep IM[Enter]

・・・結果が

GTK_IM_MODULE=scim-bridge
QT_IM_MODULE=xim
XMODIFIERS=@im=SCIM

??QTがxim??